揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆
和菓子屋とあってこの時期は忙しい時期。

練習する間もなく、仕事に集中。
しかし暑いね~

今度の日曜日、マスカット球場での練習試合が楽しみだ。

が、練習不足は否めない。
しっかりと無回転で投げたいのだが…大丈夫かなと。

それと球速を出すコツなのだが、昨日のキャッチボールの時ふとひらめいた。
ステップ幅を広くして体重移動を多くする。
今までより余分に体重移動する事によって動き出しからリリースまで若干時間が延びる
その延びた時間の間にタメを作って一気に吐き出すみたいなかんじだろうか。

90キロくらいは出ている感じ。
ここまで来るとキャッチボールが危険なゾーンに入ってくる。
距離が16mくらいしかないので、これから!っていう時にグラブに収まるような(笑)

ま、それでも普段のキャッチボールで90キロが出せたとしても
いざ試合になると70キロくらいになるような気がする(笑)

普段から70キロくらいの人は50キロくらいになるんだろうか…
じゃ、普段50キロの人は?(笑)
どうなんだろうね~。ストライク優先か変化優先かとかにもよるかな。

私はコントロール重視。
1試合に許される四死球は1つ以内。
3試合で2つ以内
ここ2試合はちょっと不調だったけど(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。