揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タメを作ってみる
ありがとうございます。
先ほど連絡があり、なんとか人数のめどが立ったみたいです。

2日は暑いでしょうから熱中症だけには気をつけたいと思います。


ナックルの練習ですが、あの動画はあくまでもバッターがいない状態ですので
ストライク優先ではありません。
よって試合ではあの球速から1割か2割くらいは遅くなると思います。
もちろんストライク率は上がりますが…

でもやっぱり変化をもっとつけたいとなれば球速が重要になってくるのは言うまでもありませんが
どうしたらもっと速い球を投げられるのか?ということが重要になってきます。


今の投げ方は踏み出す足をまっすぐ勢いよく出して
右足で踏ん張りながら前に蹴る。
前進方向へ強い推進力を得るような感じで投げている。


そこで、ステップから投げ出すタイミングのごくわずかな時間に「タメ」を作ることで
しっかり体重の乗った速い球が投げられないかと。
その練習を始めてみた。
明らかにタメを作った方が速い。
課題は無回転率とコントロール。


今度の試合でタメしてみようと思う

お後がよろしいようで…(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。