揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細かいけれど
この前の1部での試合観戦で一つ気になったプレーがあった。

2ストライクに追い込まれたバッター。
速いストレートを外角いっぱいに投げ込むピッチャー。

コーナーぎりぎりに決まったボールの判定はストライク。

見逃し三振となった。

しかしそのときキャッチャーがボールをポロッと落とした。
真下に落ちたので、すぐに拾ってマウンドに転がした。

バッターは落としたのを確認していたのかしていなかったのかわからないが
トボトボと1塁側ベンチに歩いて帰っていった。

ピッチャーはストライクの判定を見た瞬間からマウンドを歩いて降りていた。
野手も駆け足で帰ってきていた。


はっきり言うとこれは打者にとって大チャンスだったのだ。


しかし打者はそのままベンチの方向へ歩いていった。
最近高校野球とか甲子園では半円のラインがかかれてあって
そのラインを超えたらアウトの宣告がされるようになっている。
こういう振り逃げの場合打者がそのラインを超えたら走る気なしと判断されるためだ。

ある程度歩いたのを確認して球審が「アウトの宣告をした。
そのアウトの宣告をしたときはライトの選手がマウンド付近まで帰ってきていた。


僕が打者なら、しばらくバッターボックス付近にとどまって
野手が帰っていくのを確認してから
それから猛ダッシュでダイヤモンドを一周する。
振り逃げで1点だ。


このプレーで何が悪かったのかというと
「キャッチャー」

落としたのだからバッターにタッチしなければいけなかった。
それをタッチもせずマウンドにボールを転がすなんて言うのは以ての外。
さらにピッチャーも落としたのが丸見えになってるのだから
キャッチャーにたちの指示を与えなければいけない。

これは実際に起こったプレーで
横浜高校がこの振り逃げ3ランで負けたという経歴がある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。