揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッチャー
環境というのが想像以上に難しい壁という話をしてきました。
コメントありがとうございます。
皆さんも頑張っているようですね。ぜひとも信念を貫いてください。

環境を整えて、何とか乗り切った後に訪れる最期の壁というものがあります。


キャッチャーがナックルを捕ることが出来るのか?


ここは非常に重要です。
良い変化をして、キレキレの日だったとしてもキャッチャーが捕れないと試合がしまりません。


この点ではマッスルは非常によく捕る(笑)
この前の早朝野球では珍しくポロポロしてたけど
総じてナックルの捕球技術は高い。

簡単なキャッチャーフライの捕球率は非常に低いが
小フライのギリギリで届くようなやつはほぼ捕球する。
ファインプレーなのだが、難易度が難しいボールほど捕る(笑)


あと細かい所なんだけど
ストレートを要求したキャッチャーの構えと
ナックルを要求したときの構えが変わる事があるかもしれない。

「よっしゃ!捕るぞ!」という気持ちが表に出すぎているとバレるので注意(笑)


あとキャッチャーとの意思の疎通。
ナックルの技量がどのくらいあるのかと言うことを常に把握しておかなければ
カウント0-2ではナックルを投げさせるべきか?
1-3ではどうか。
2-3でもナックルを投げさせられるのか?とか
ランナー3塁でパスボールを警戒しているときでもナックルで押し通せるのか?

などなど。

ナックルで押せない状況なら他にどんな球種があるのか?
その使い方で効果的な方法はなにか?

などなど(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。