揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では具体的に・・・
批判的なことばかり書いていても話が進みませんので
具体的にどうすればいいのか?と言うことも実体験に基づき考えてみたいと思います。


今でこそ「ナックルボール」という変化球について少しは世間にも知れ渡っていますし
ナックルボーラーを目指すことの意味もなんとなく理解してくれている人も増えたのかな?
という感じもします。

私がナックルを投げようとしていたときはそれはもう孤独でした。
周りの反対も当然ありました。
そんなボールを投げる必要があるのか?とか
今度の試合では投げないんだろうな?という遠回し的に聞いてきたりもしていました。

ナックルでストライクが入らなかったとき
ナックルをヒットにされたとき
ストレートで打ち取ったとき、三振を取ったとき
このどれもが「ナックルを投げるべきではない」という考えに繋がります。


それでもナックルを投げました。
例え打たれても投げました。
ただし四死球だけには気を付けました。
四死球連発というのははやり致命的です。
打たれれば、守備の練習になったという詭弁も効きますが、四死球ではできません。

何とかしてみんなに認めてもらえるように練習しました。
毎日毎日ひたすら投げます。
もっと無回転に、もっと球速を速く。
一人で考え、一人で悩み、一人で耐える。
でも好きなことをしているので苦になりません。
結果さえ出せればと。ナックルが通用すると言うことを認識させることができればと。
そのことだけを考え練習しました。


幸いチームに投手ができるのは私だけでしたので、毎試合投げることができました。
また、普段キャッチボールをしているマッスルがキャッチャーをすることで
ナックルが投げやすい状況でもありました。

そうしていくうちに少しずつ経験を積むことが出来、現在に至っているわけです。


私の環境で良かった点は以下の6つでした

その1投手が1人しかいなかったために任せざるを得ない環境だった

その2ナックルでストライクが取れなくてもとりあえず他の球種を使って四死球を防ぎ
試合を壊してしまうような事態を回避することができるだけのコントロールがあった。

その3キャッチャーがマッスル(上司と部下の関係)だったために投げやすかった
さらにマッスルがナックルを捕ることが上手だった。

その4自分の職場のチームだったのでいろんな融通が利いた

その5一年間の試合数が多かった(30試合はする)

その6毎日ナックルを投げる練習ができる環境だった


まだあるかもしれませんが今考えて気が付いたのは6つかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。