揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実的には…
コメントありがとうございます。

揚げ足を取るつもりは全くないのですが、やはり現実的には難しいでしょうね…
せっかくコメントをいただいたのに気を悪くさせてしまうかもしれませんが
私の経験や推測でデメリットな部分だけを書いてみたいと思います。


まず、ナックルを決め球として使う場合。

通常のピッチング主体で、突然投げるナックル。
これを無回転にさせるというのはかなりの難易度が必要となります。
キャッチボールで肩慣らしをした後に、第一球目には無回転のナックルが投げられないと言うコメントにもあるように、急にナックルを投げても無回転にならないことが多いです。
まして、最初の頃はさらに無回転になりにくいと思います。
暴投、失投などを繰り返していくうちにナックルそのものが投げられなくなると言うこともありますし
キャッチャーからナックルのサインが出なくなることもあるでしょう。

決め球として使うには適していないのがナックルだと思います。


チームのエース的な存在ではなく、控えの投手だと良いかもしれないと言うコメントですが
控えという時点で経験が積めない恐れがあります。
試しに一度と言うことは当然あるでしょうが、経験が重要なこの球種で
いきなり成功するというのは非常に希で、最初は失敗の連続です。
試合でしか分からないことも多々ある中で、いきなり結果を出すというのは至難の業です。
何試合も何試合も経験を積んでようやくコツが分かってくるとなると
最初の2~3回くらい登板させて指揮官が
「だめだ使えない」
「育てるに値しない」
という結論を出す可能性が高いと思われます。(ナックルのことを知っている指導者がいないために)

吉田えりさんが良い例で
キャッチボールや投球練習ではナックルが投げられても、いざ試合となれば状況は一変します。
打者1人に投げるのがやっとという状態で、フルイニング投げるというのは非常にキツイです。

途中交代だとしても、うまく行くかどうかも分からないナックル練習中投手に試合を壊されたくないという気持ちもありますし、仮に壊された場合はチーム全体の志気も下がりかねません。


斉藤祐樹さんがナックルを習得中と言うことですが、周りの抵抗勢力が気になります。
監督をはじめ、プロ野球のスカウトや関係者は「NO」と言うでしょう
私が指導者の立場でもNOと言うと思います。
環境があまりにも厳しすぎますね。
ただ、一流のナックルボーラーになりうる可能性としては十分あると思います。
私みたいな素人の状態ではなく、心も体も一流ですから
そこからナックルを覚えてしまうと簡単に100~110キロのナックルを投げられると思います。
もちろんフルタイムナックルボーラーとしてですが。

が、そうなると言うことは今までのすべてを捨てなくてはいけませんし、それ相応の決断が必要になります。
このまま行けば何億円も稼ぎ出してくれるかもしれない右腕を、もしかしたら1円にもにならない右腕に変わってしまうかもしれないのです。
とてもじゃありませんがリスクが高すぎます。
仮にナックルが投げられるようになっても通用するかどうかも分かりません。

そして彼が決め球の一つとしてとか持ち球の一つとして「ナックル」を習得しようとしているのであればそれは失敗する可能性が非常に高いでしょう。

また、習得しようとする過程で今のフォームやリリースが崩れてしまうかもしれません。



試合で投げさせてもらうという環境は非常に難しいですね。

以前ナックルを練習している「ちたた」さんという人とキャッチボールをする機会がありました。
(ここの読者です)
3年ほど前でしょうか。
当時私は今のナックルよりも相当お粗末なナックルを投げていました。
しかしちたたさんのナックルは恐ろしいほど変化し、球速も速かったです。
もう捕ることすら出来ず、ナックルの恐ろしさを知りました。

が、そんな彼でも試合で投げさせてはもらえませんでした。
ナックルよりもスライダーを練習しろと言われ、スライダーの練習をしているときに肩を壊し1年以上投げられない状態になってしまいました。


環境というのは難しいものですね…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。