揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境かぁ
次の試合まで2週間

やはり公式戦前となるとトレーニングがしにくくなる。
妙なところで筋肉痛とか、ちょっとした筋力の違いで無回転が維持できなくなるというリスクは避けたい。

が、今日からしばらく時間があるのでトレーニング開始。
ガンガン追い込むのは気持ちがえぇ

吉田えりさんが今日投げたようですが
打者1人ですか…
もっともっと打者と対戦する経験を積むべきだと思うのだが
彼女を育てようと言う感じはないのだろうか。
起用も難しいのだろうね。


ナックルを試合で投げるというのは非常に難しい。
キャッチボールで投げられるからと言うだけでは正直話にならない
打者に対して投げて、ランナーを背をって投げて、カウントを悪くして投げて
打たれながらも投げて、四死球連発でも投げて、チームメイトの冷たい目線を受けても投げて

そうして経験を積まなければならないが、問題はどうやって経験を積むか。
積ませてくれる環境にあるのか?
吉田えりさんは少なくとも経験を積ませてくれる環境にない。

ならば普通の人はどうなのか?
高校球児みたいな3年という短いスパンでは到底無理。
育つかどうかも分からない状態で3年使って育てる余裕はない。
社会人は?
結果が出ないと試合にすら出られない
草野球は?
チームメイトからクレーム連発。投げる雰囲気にすらならない。

せっかくの休みを使って集まって試合ができるのに
ナックルを投げるとか言うヤツのために潰された

などと言われれば精神的にも辛い。


無回転を投げるのは簡単だ。
キャッチボールで変化させて相手を驚かせるのなんてすぐにできる。

あとはどうやってマウンドで経験を積ませてもらうか
どうやってその環境を手に入れるか
日本では難しいのかもしれないなぁ~
(とにかく前例が無さ過ぎる)


このブログを読まれてる方ですでに試合で投げているという人がいれば、
どうやってそのあたりを克服したのか是非とも伺いたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。