揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンダーワンダーにて
見ました!
番組の情報ありがとうございます。

いやぁ~ナックルの特集はいつ見ても良いですねー
ウェイクフィールドの変化をカメラで捉えていましたが
ウネウネしていました。もうホントにボールが生きているようでした。

軟式ボールではどうなのか?
みたいな特集があればいいのになぁ~(笑)


一つ気になったところが。
ホップするボールを再現するときに、かなり浮き上がっていたボールがありましたが
ボールの重さを1/3にしたとか。
やはり軽い方が変化するのは当たり前なのかと。

だとすれば硬式よりも軟式の方が変化するということにはならないのかな。
軟式特有のディンプルが影響しているんだろうけど、
重さとディンプルの形状はどう作用するのだろうか。


それとボールの縫い目の位置で浮くときと沈むときの関係がよく分かった。
完全無回転で毎回投げられるわけではないから影響はほとんど無いんだけどそれなりに参考になった感じ(笑)


しかしナックルって凄いなぁ~

今日は久しぶりに会った友人とナックルでキャッチボールをする機会があった。
審判をしているから去年の早朝野球でナックルを間近で見ている。
キャッチボールは2年前くらいだったかな。
5球ほど投げただけだけど
「キレが増してるなぁ~」といっていたので良しとしましょうか(笑)


今日の放送は録画したのでまた後でなんども見直してみよう。
また今回の放送をみてナックルに興味を持ってくれた人が何人もいるはず(笑)


「よし!自分もナックルを会得してやろう!」という人は是非頑張ってください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。