揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっちまった!
今日は練習試合
過去1度も勝ったことがない相手だったのでどうなることかと。
ただ今日のチームにナックルを投げたことがなかったので(たぶん)
そのあたりは少し期待。

喜久屋
1000020 3
0001000 1
チーム御津

勝った~。良かった良かった。
ナックルの調子はまぁまぁ。
ちょっと投球フォームを意識して変えてみたり、新しく取り入れてみたフォームを試したり
そんなことをしていたらすぐ試合が終わっていた。

しかしここ一番でコントロールを乱し、ピンチを招くというシーンは注意が必要だな。
1失点をしてしまったその前の攻撃で、2アウトからヒットを打った。
盗塁して、さらに三盗を試みる。ファールで戻る。
ここは敢えて走りまくって、体力をかなり消耗させてみた。

息も上がり、はぁはぁ言ってる状態で、果たしてナックルが正確に投げられるのか?
ピッチングにどこまで影響があるのか?と言うことも知りたかった。

そしたら早速先頭打者に四球。
ワイルドピッチから2塁打を打たれ失点。

まさに絵に描いたような失点の仕方だった。
もう無理はできないのか?(笑)
もっと走り込みをしておくべきか?


それと今日ついに三振をしてしまった。
空振りの三振。
インコースの高めのボール。
吉田えりさんが三振を取ったコースと同じようなコース。
バットが届く範囲で空振りをしたのは生まれて初めてかもしれない。(小学生時代はあるかもしれないが、記憶にない)
中学、高校時代に1つ下で同じ野球部だった後輩からも
「三振したところ初めて見ました」って言われる始末…
ちょっとショック。ちょっと手が出てしまったと言う感じだが、もっと気を引き締めて行かねばっ!!

でも今後ストライクを空振りしたらしばらく立ち直れないかもしれないな…(笑)


球速を上げるには?という質問がきています
この問題はかなり深いのでまた後日書きたいと思います。
昨日は町内のソフトボールの練習でハッスルしすぎて、今日は試合で疲労&ショックでもう寝ます(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。