揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁当てのススメ
軟式の場合ですが練習は壁当てを勧めます。

ほぼナックルを手に入れている段階の人はキャッチボールをお勧めします。

まだまだこれから!という人は壁当てですね。


壁当ての良いところは無回転を投げることの一点に集中できると言うところです。

1コントロールも気にしない。
2キャッチボール相手に気を遣わなくて済む。
3自分の好きなタイミングで投げられる。

1は壁に当てればいいのですからとにかく好きな速度で投げられるのですっぽ抜けも気にせず投げられる。指の球離れを十分に意識できる

2は意外に重要。
少しナックルを投げられるようになってくると、キャッチボール相手を驚かせたいという心理が働く。
さらに無回転にならなかった場合、全く変化しない状態が続くと相手のリアクションが悪くなる
だからとにかく安全策で無回転を投げ続けようとしてしまう傾向が出る。

投げた瞬間に「あ、なんか変だ。もしかしたらこうした方が良いかもしれない」
というようなひらめきがあったとする。
試しに投げてみる。イマイチうまく行かなかったが…

と言う場合壁当てをしていたら納得できるまで試すことができるが
キャッチボールの場合では相手に気を遣って「ちょっとやめておくか」
と言うようなことになりかねない。
せっかくのチャンスを逃してしまう可能性が高くなるかもしれない。

また、すっぽ抜けや、引っかかりなどで相手が取ることの出来ないボールを投げてしまった場合
これまた次に投げるボールは「安全」な無難なボールを投げてしまいがち。


3はナックルを投げる上で重要な「感覚」のことに関わってくる。

投げた瞬間「あ、だめだ。今のはダメだ」というようなとき、跳ね返ってきたボールをすぐさま捕球し
次の1球を投げ、今の嫌な感覚を消すという作業が簡単にできる。
キャッチボールが相手なら投げ返してくるタイミング、投げてくるボールに気を奪われてしまう。

また、握りや、リリースの感覚をじっくり確認したい場合でも
相手がいればとりあえず投げ返さないといけない。
ずっとボールを持ったままではキャッチボールをしてくれている相手を待たすことになる。


回転の確認もボールに色を塗ることで容易にできるし
変化も十分分かる。



と言うような理由から壁当てをお勧めします。


ボールがすり減ってもったいないという話ですが

少しキツイ言い方かもしれませんが
何十球もボールをつぶしてツルツルになるくらい投げ込まなければナックルを得ることはできません
ボールがもったいないというようなことではナックルを会得するのは至難の業だと思います。

1万球や2万球投げたくらいではナックルをモノに出来ません。
ナックルボールは甘くないようです…


ボールを買うお金を工面するか、全く気を遣わなくて済むキャッチボール相手を捜すか
と言うところでしょうか。


あくまでもこれは「試合でナックルボールを投げる」と言うことが前提の話です。
スポンサーサイト
個人的な意見に過ぎないが・・・
コメント欄がちょっと長くなってきたので
ここには僕個人的な考えを書いてみようと思います。

もちろんこれが正解と言うことはありません。


では



ナックルを投げる上で軟式と硬式で違いはあるのか?
と言う問いは

「ある」

と言えます。
まず第一に軟式は柔らかく、ゴムの摩擦力が働く。
硬式は固く、滑るという感じがします。

指先でボールを押し込んでいくリリースの瞬間。
ボールがわずかではあるが凹むのが分かります。
超スーパースローの接写が可能であるならば凹んでいる様子が見てとれると思います。

そしてその分少しばかり重心を押す位置がずれていても無回転が作れるような気がします。
一方の硬式はごまかしが効かないと言うか、かなりシビアな技術が必要かと思います。

ただ、僕の手があまりにも小さいという特殊な条件下での話というのもあるのかもしれません。
硬式で投げ込んだことが無いというのも十分影響しているはず。


もう一つ。
ナックルの握りで
指先を立てるバージョンと爪をべったり付けて指を折りたたむバージョンがあると思います。

これは僕個人的な考えですけど
指を折り曲げる方法はお勧めしません。
何球も、常に無回転を作り出すことが難しく、安定感に欠けるというのが理由です。
また、弾く場合は球速によって弾く強さも変える必要があるからますます難易度が上がります。

どんな球速でも同じ握りで投げられるのが理想だし、常に同じ状態を作り出す事こそが
ナックルを投げる上で非常に重要になってくるからです。

もちろん「試合で投げる」ということが前提で、キャッチボールをして相手をびっくりさせるというレベルであるならばどんな投げ方でも構わないとは思います。



練習方法は何が理想か?
と言うことについては少し難しくなります。
軟式でしたら「壁当て」これがベストです。キャッチボールより壁当てをお勧めします。
硬式の場合は壁に当てることは難しく、すぐにボールが傷んでしまいますので
キャッチボールかネットに向かって投げると言うことになります。

相手がいればいいのですが、ネットに向かって投げる場合は
ボールが何球も必要になってきます。10や20では足りないと思います。


そして軟式の場合。
これだと比較的簡単に壁当てができるようになります。
キャッチボールよりもなぜ壁当てをお勧めするのか?という理由もあります。



長くなってきたので次の題目にしてみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。