揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は試合だー
建部スポーツセンター
と言うところで試合がある。どんなところかよく分からないが
とにかくここから2時間かかると思われる。

天気は良さそうなので軽い小旅行という気分だ。
うちの家族も総出で遊ぶ予定。
ちかくのたけべの森という遊べるところもあるようだ。


さてさて、ここ最近なんか感覚が合わずに苦戦していたが
4日くらい前にふとしたことからかなりいい感じの感覚が戻ってきた。

なんかもうこんな事の繰り返しばかりでいつになったら落ち着けるのかと…
試合のシーズンになってきたらボールを投げる機会も増え、気温も高くなってくるので
体が動くようになってくるのかな。


今回の指先の感覚なのだが
二本指に意識を取られすぎて、他の部分かおろそかになっていた。
リリースの瞬間二本指をキャッチャーの方向に向けるのではなく
少し内側を向くような感じに投げるとちょうど良い。
その部分で二本指だけを内側に向けていたのだが
実際はそうではなく、親指の付け根でキャッチャーの方向へ押すような感覚だった。

そうすることで親指、親指の付け根、二本指
この3点で押すような感じになってくる。
これがすこぶる球離れの感覚がよく、無回転連発状態。
それがただの無回転ではなく、かなりいい変化を生み出してくれている。
球速なのか、ボールの縫い目の位置の関係なのかよく分からないが

ハマオとは危なくてキャッチボールができないほど。
ナックルを捕る技術ではかなりうまいマッスルでさえかなり苦戦する感じ。
まぁこれはキャッチボールの段階の話で
実際にバッターがたてったり、ストライクを取りにいくようなナックルになると
どうしても無回転ばかりを気にしているわけにはいかなくなるのでそこまでの変化は望めないかな。

でもまぁ明日の試合は実に楽しみ。
四死球を恐れずにどんどん投げていきたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。