揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラブの中で
さて、握りを作る時にどうするか?
というテーマ。

許されるのであればあらかじめボールをグラブの中にしまっておいて
後から手を入れてサッと握りを作る方法が良い。

僕も最初はそうしていたのだが、市の審判団から注意を受けたので
以後この方法は封印した。
紛らわしい、疑わしい、という理由でボークを取られたのでは悔しいからね。

そこでグラブにあらかじめ入れておく方法をとろうとしているが
うまく行かないのでどうしたらいいのか?と言う質問をもらった。

グラブの中央に置くのではなく手前の浅い部分に置くと言うことをしているようなので
あとは慣れの問題だと思います。
慣れれば中央でもどこでも握れるようになります。

僕が行った練習方法は
まずナックルの握りで、そのままグラブにそっと収める。
そして今度はその逆戻し。
グッと握るのでその分グラブにボールを押しつけることになるが
この押しつける強さと方向を意識すればできるようになります。

実戦レベルで要求される握りを作るまでの時間は「1秒以下」だと思います。
自分のリズムとか、投げやすいタイミングとかを握りのために狂わしてしまっては
投球に集中できなくなります。

ちなみに早く握りが作れるようになると
キャッチボールでフットワーク(捕ってすぐ投げるを繰り返す事。地方の言い方かも…)クイックとか言うかな?(笑)
をしてもすぐにナックルが投げられるようになります。
縫い目の関係で無回転にならなかったりしますがナックルの握りはできるはずです

それと吉田えりさんはまず体の側面で握りを作ってからグラブにしまい込みますが
これでは不意を突いた牽制球が投げられません。
ナックルの握りを作っているのが丸見えですので、その瞬間にスタートを切られてしまうかもしれません。


これは個人的な感覚なのですが
握りを作る時は手首を起こした状態でガッチリ作る方が良いです。

それともう一つ。
グラブの位置を高めにセットすること。
セットポジションでベルトの前当たりに静止するパターンが多いが
これでは握りが作れない。
胸の前で25cm~30cmくらい離した位置が最も握りが自然にできる。

ナックルを投げる上で「ちょっとした違和感」
これほどやっかいなものはない。
自然にスムーズに全く違和感のない動きが必要不可欠

どうしてもこの方法じゃなければ無回転にならないと言うのであれば
何回も、何十回、何百回、何千回と動きを繰り返し
その動きそのものが自然になるように持っていくことも必要かもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。