揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画を見てパート3
さて、今日はまた違った目線から。


今回注目して頂きたいのは第一球目。
古田が内角のボールを空振りするシーン。

古田が発した言葉にヒントが隠されている。
「打ちに行ったらボールが寄ってきた」

実戦で何度も投げていると分かる。
ナックルがカーブ方向へ変化した場合打たれることはあるが
シュート方向へ変化するとまず打たれない。

ナックルの特徴である「どう変化するか分からない」
これはもう誰もが分かっている事実。実際にどうなるか分からない。

そこでバッターはどういう心理状況になるかというと
変化してくるボールをイメージするのだが
その時無意識に、落ちたりカーブ方向への変化をイメージする。
シュート方向へ変化するイメージがあまり無いためだ。

そこでいきなりシュート方向へ来るとかなり打ちづらい。
バットをたたまなくてはいけなくなるからだ。


しかしナックルを意図的にシュート方向へ変化させるというのは難しい。
だからここで生きてくるのが本当のシュートだ。

以前から言っているが吉田えりさんが持つべき球種に「シュート」を挙げてきた
これはナックルと同じ速度でいい。
とにかくシュート方向への確実な変化が欲しいためだ。

サイドスローだからナチュラルなシュートの変化を期待していたのだが
まさかのジャイロ…
これではシュートの変化をしてくれない。
世間は「ジャイロも投げられるのか!」と余計に期待をしているようだが事実は違う。


断言する。
彼女がプロで生き残るためには「シュートの存在は不可欠」だと
もちろん彼女に130キロのストレートが投げられればシュートは必要ない

どうすれば無回転になるのか?という研究を重ね
見事無回転を手に入れた。
これができるのであれば、どうすればシュート回転で投げられるのか?
と言うことを考えればすぐにマスターできるハズだ
が、もちろん今のナックルに影響を与えるのかどうかは分からない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。