揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は少し暖かかったかな
そう言えば吉田えりさんのナックルの握りはまだ秘密らしい
この前の写真はフェイクだろう。
指をたたんでいた写真を見て、あ~そうだったんだ
と思ったが、やっぱり指先を立てて投げていると思う(多分だけど)

あと小指を使わないということからウェイク型だと思われるが
女性の手であの握りが可能なのかどうかも気になる。
僕の場合は無理だったからなぁ~


今日のナックルの練習はたくさんできたし良い感覚だった。
ステップを大きめに、そしてやや開き気味にするといい。
開き気味にする方が上半身を窮屈にすることなく投げられる。

ちなみに彼女に多少の刺激は受けているので
サイドからのナックルも時折試すが、全く無回転にならない(笑)
トップスピンがかかってしまう。回転にして3~5回転ほどだろうか。
これをどうにかして無回転にする方法はあるのだろうが、その練習ばかりしていると
今あるナックルの無回転を作っている感覚に影響を与えそうなので深追いはしない。

スポンサーサイト
良い感覚
ここ最近良い感覚が続いている。
最近感じ取れた感覚なので、これが長続きするのか、一時的なものなのかは分からない。

テイクバックの時とリリースの瞬間。
このちょうど真ん中付近のポイント。
この位置を耳に近いような場所をとる。

わかりにくい例えだが、ヤクルトの五十嵐のような感じ。


後は肘から先を思いっきり振れば速いナックルが投げられる。
スピードガンで測ったら87キロ付近。
ちょっと軟式では速すぎるような気もする。

実際軟式での一番効果的な速度は一体何キロなんだろう。

それにしてもこの冬はしっかり体を作れている。
こんなオフシーズンは初めてだ。
トレーニング機器も充実してるし。
ただ右膝の調子が良くないので走るのは控えてる。
下半身の強化ができてない…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。