揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンディション
ナックルを投げる時に重要なのは「感覚」
もうこれは何度もココで言ってきている。

だからこそ難しい部分がある。
ボールの状態。手の状態。気温や湿度。
ありとあらゆる状態でも同じ感覚を手にしなくてはいけない。

そこで質問をもらった。
手のコンディションについて。
手の状態で悩まれてることはないか?と言うことですが
もちろん状態が変わってくれば回転に直に影響してきます。

さらに硬式の場合は新品の状態ではボール表面に蝋のようなものがうっすらあるために
非常に滑りやすくなっています。
高校時代で1年の頃は試合の時、新品のボールを出してからその蝋を落とすために
土で擦って拭いたりしていた記憶があります。

ナックルを投げる上でやっかいなのは「滑りやすい状態」
これは軟式でも同じだと思います。

軟式の場合はナガセとケンコーで滑り具合が変わってきて
ナガセは滑りやすくケンコーは滑りにくいために
ケンコーの方がナックルを投げやすかったりします。


そこで硬式のボールの話になりますが、実際に投げ込んでいないのでよく分かりませんが
新品のボールを良い状態に持っていく必要があります。
しかも短時間に簡単に。
マウンド上でできる時間と動作には限りがありますからね…

まずこの方法。
「手で擦る」

1 さらさらの手で擦る
2 息を吐いて手を少し湿らせて擦る
3 ロジンの粉を手に付けて擦る
4 1~3の組み合わせで擦る

ちなみに土で擦るというのはルール的にダメです。
手に土を付ける行為自体が禁止されているはずです。
草野球ならそこまで追求されることはないと思いますが
硬式を使った野球では審判から注意を受けることがあるかもしれません。

ただ良いナックルが投げられないと言う質問ですから
新品の場合でも無回転にはなるが変化量に乏しいとかそういう事なのかも?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。