揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルタの方程式にて

ついにアップされていましたね。
しかーし!
僕はここの読者の方のご厚意により録画したDVDを送ってくださったので先に見ることができました!
ありがとうございました!!
吉田えりさんのナックルのスーパースロー。
非常に興味深いですねー。
このブログで動画を見るのではなく、ちゃんと本家に行って高画質で見てください
よく分かると思います。


この動画で確認できたことは
ナックルの球速は70キロくらいでスピードガンを使用して計測した結果だということ。
あと握り。
コマ送りで確認しようとしたのですが、肝心なところがスーパー(文字)で隠れていたりと
ハッキリと確認することはできませんでしたが
第一印象は「僕と同じなのでは?」と言うことでした。(スローを見たらちょっと違うかな…)
2本の指を立てる位置も同じです。。多分彼女は縫い目にかけていないと思いますが。
問題は小指の使い方。
使っているような使っていないような…
1分41秒当たりのスローを見ると分かるのかなーー?と思いますがどうでしょう。
一体どんな使い方をしているのでしょうか…気になりますね。
とりあえず薬指で支えているのでしょうね
小指は補助的な使い方かな。
で、確実に僕より手が大きい(笑)


それと一つ気になった点が。

セットポジションにはいる時、体の後ろでいったんナックルの握りを作ってから
グラブの中で固定する。
ストレートを投げる場合は、ナックルの握りをほどいてストレートの握りに切り替える。

これで通すのかどうかは分からないけど
牽制球をかなり練習しないといけなくなるということが予想されるので
これではちょっとクイックとか、いろんなタイミングでの牽制球がなでづらいのではないかと。

草野球では注意されたが、プロなんだからここはグラブにボールをしまっておいて
後から手を入れるパターンの方が良いと思う。
ウェイクフィールドと同じスタイルがお勧めなんだけど…

それとやはりサイドスローと言うことでモーションが大きい。
牽制球を磨き、多少スタートを遅らせることができたとしても
これはかなり厳しい数字が出るのではないかと思われる。
実際にモーションの始動からキャッチャーのミットに収まるまでの時間を計測すると
他の投手との比較が容易にできる。そのタイム差に愕然とするかもしれない。

もちろんこれはプロとして通用するかどうかの視点。
女性でココまでナックルを仕上げてくるという視点からすると猛烈に凄いと思う。
常識の範囲外の出来映えだと言っても良い。


そして硬式ボールでの70キロのナックルを見て分かった。
僕が投げる軟式のナックル。
これは球速として75キロ。
少し上回るかどうかというレベル。

ここで結論。

70キロ台のナックルの場合、軟式の方が変化する。
80キロとか、100キロとかになってくると分からないけど。

まだまだ何度も見直してると新しい発見があるかもしれないけど
とりあえず気が付いたのはこのくらい。
スポンサーサイト
ようやく
熱も下がり、咳も止まりようやく仕事に復帰。
が、体力が戻ってない。
体重も1キロくらい減ってしまった。
病中はこれでもかっていうくらい食べたんだけどな…

少しボールを投げてみたんだけど、肩自体は休養十分。
というか休養しすぎていろんなところが弱ってるような気もする。
しかし今日は雨だったのでおとなしくしていた。

明日くらいから少しずつ体を動かそう…
予想外ではない
吉田えりさんが出演していた「フルタの方程式」の放送を見てコメントを書いて頂けたので
自分なりの見解を。


まず無回転だったので安心しました。
ここに来て5~6回転くらいしてるようなナックルだと
ますますナックルについてのイメージが間違った方向に行きかねない。


ナックルが70キロ、ストレートが100キロ
この点については想像通りでした。
ストレートの球速からマイナス20~30キロというのがナックルの球速になるのが一般的。

彼女のインタビューで
ナックルのストレートも球速があまり変わらないんですよね~
という発言があったが
正直信じられなかった。変わらないはずがないからね
よっぽどストレートの時おかしな投げ方をしてるとか
ナックルを投げるためにナックル専用のフォームでストレートを投げるフォームとは全く別物のフォームになってしまい、ストレートの球速が全く出ないという
2つの場合を除けばナックルとストレートの球速が変わらないという現象はまず起きない。

あとは古田の演出もあるだろうけど
投げ出し位置が低い70キロのナックル。
彼女くらいだとたぶんプラス10キロくらいの効果があるはず。
上から投げる80キロのナックルと、アンダー気味の70キロでは変化の量は同じくらいではないかと。


実際彼女がアンダー気味のナックルを100キロで投げたら
人間が打つのはかなり難しい。
打ち取ると言うことだけで言えばメジャーでも十分通用するレベル。
(守備力、マウンドさばき、コントロールは無視した場合)


それと今後彼女のストレートが「ジャイロ」と言うことに注目されることが予想されるが

この際ハッキリ言う。
彼女の場合ジャイロだろうが何だろうが関係ない。
打つ方としても何ら問題はないということ。
逆に真っ直ぐ来る分打ちやすいかもしれないと言うこと。
(ちゃんとしたジャイロの場合)



そもそもジャイロ回転の意味、効果というのは
「空気抵抗が少ない」というこの一転のみ
ゆえに、初速と終速の差が少ないという現象が起きる。

140キロで投げた普通のストレートと、ジャイロとでは
ホームベースに到達するまでの時間が少しジャイロの方が速い。
距離にして15cmとか言ってたっけな。

だから彼女がジャイロを投げたところで対して効果は得られない。
ただ投げてはいけないという意味ではない。
世間が騒ぐというレベルでは全くないという話。
ジャイロ=魔球みたいなイメージがあるが
ジャイロは変化しない。
変化しないためにジャイロ回転を与えているピストルの弾。
弾にジャイロ回転を与えるときに付くのが線条痕
それを考えても分かるようにジャイロは変化球ではない

150キロを超えるようなジャイロボールを投げることが出来れば
それはもうかなりの武器になるだろう。


最後にコントロール。
これは彼女にとって致命的な欠点
まぁ何より実戦が少なすぎるのが理由だろう。

実際にバッターに立ってもらった状態で投げ込むという練習が必要だ。
彼女が地下室で投げている練習風景を見たが
あれではコントロールは付かない。

もちろんあの練習だけをやってきたというのではないと思うが。


ナックルの欠点と言えばまさしくコントロール
今後彼女が独立リーグで活躍できるかどうかの分かれ目はここにある


まぁ放送を見てないのでここに書いた文章がどこまで正確なのかは分からないけど
TV放送にて
TVで古田と吉田えりさんが対決するという番組があったようです
しかし岡山ではその放送自体が無く見ることが出来ませんでした。

スーパースローで見た吉田えりさんのナックルボールとは一体どういう物なのか
握りや、リリースの方法にしても非常に気になります。
インフルエンザ
またしてもインフルエンザにかかってしまいました

予防接種をしているにもかかわらず高熱でうなされ続けております…

もう6回ほどかかっているインフルエンザ。
風邪もよく引くし…

どうなっとんじゃー
実際の変化
ナックルボール。

コントロールが難しいのはみんな分かっている。
どう変化するのか分からないから
と言う理由ではなく、あの握りで投げるから難しい。
変化なんてたかがしれている。
どちらか一方校に大きく曲がることもあるが、そんな変化は希。
左右に揺れる場合は共に1cmか2cmくらい
ベースの大きさからいっても本来さほど気にすることはないレベルだ

実際にキャッチャーが取り損ねても、ミットに当たらないことはない
自分の思っているところより2cmずれたら捕球は難しい。
キャッチボールの時2cmほどずらして捕球してみると簡単にグラブを弾くくらい
でも大きなミットなら入るかな(笑)


ナックルの練習でキャッチボールをしていたら右に大きく逸れたり
左下の方へ行ってみたり、なかなかコントロールが定まらない。
やばいなぁ~コントロールは難しいなぁ~
と思っていたんだけど、試合も近いということもあって
マッスルに座ってもらって投げてみた。

するとおかしな事にほとんどストライクゾーンに行く。
キャッチボールの時のような荒れ球は一切でなくなる。
何でだろうね。
あそこに投げるんだ!と言う意識が強く働くから?
キャッチボールの時は適当に投げているのかな…
まぁ悪いことではないので気にせずに「座ればストライクゾーンに行くから大丈夫」と思う要にしたら良いだけなんだけど。


思うに、ナックルのコントロールが難しいというのは
あの独特の握りになれていないせいだと思う。
投げ込んで投げ込んで、ナックルの握りが普通になってしまえばいい。
そのくらいになってくると0-3からでも投げられるはず!



あ、いま吉田えりさんとハマの番長が対談してた。
最後の方を一瞬見れただけだったが…残念


今日は少し暖かかったかな
そう言えば吉田えりさんのナックルの握りはまだ秘密らしい
この前の写真はフェイクだろう。
指をたたんでいた写真を見て、あ~そうだったんだ
と思ったが、やっぱり指先を立てて投げていると思う(多分だけど)

あと小指を使わないということからウェイク型だと思われるが
女性の手であの握りが可能なのかどうかも気になる。
僕の場合は無理だったからなぁ~


今日のナックルの練習はたくさんできたし良い感覚だった。
ステップを大きめに、そしてやや開き気味にするといい。
開き気味にする方が上半身を窮屈にすることなく投げられる。

ちなみに彼女に多少の刺激は受けているので
サイドからのナックルも時折試すが、全く無回転にならない(笑)
トップスピンがかかってしまう。回転にして3~5回転ほどだろうか。
これをどうにかして無回転にする方法はあるのだろうが、その練習ばかりしていると
今あるナックルの無回転を作っている感覚に影響を与えそうなので深追いはしない。

良い感覚
ここ最近良い感覚が続いている。
最近感じ取れた感覚なので、これが長続きするのか、一時的なものなのかは分からない。

テイクバックの時とリリースの瞬間。
このちょうど真ん中付近のポイント。
この位置を耳に近いような場所をとる。

わかりにくい例えだが、ヤクルトの五十嵐のような感じ。


後は肘から先を思いっきり振れば速いナックルが投げられる。
スピードガンで測ったら87キロ付近。
ちょっと軟式では速すぎるような気もする。

実際軟式での一番効果的な速度は一体何キロなんだろう。

それにしてもこの冬はしっかり体を作れている。
こんなオフシーズンは初めてだ。
トレーニング機器も充実してるし。
ただ右膝の調子が良くないので走るのは控えてる。
下半身の強化ができてない…
コンディション
ナックルを投げる時に重要なのは「感覚」
もうこれは何度もココで言ってきている。

だからこそ難しい部分がある。
ボールの状態。手の状態。気温や湿度。
ありとあらゆる状態でも同じ感覚を手にしなくてはいけない。

そこで質問をもらった。
手のコンディションについて。
手の状態で悩まれてることはないか?と言うことですが
もちろん状態が変わってくれば回転に直に影響してきます。

さらに硬式の場合は新品の状態ではボール表面に蝋のようなものがうっすらあるために
非常に滑りやすくなっています。
高校時代で1年の頃は試合の時、新品のボールを出してからその蝋を落とすために
土で擦って拭いたりしていた記憶があります。

ナックルを投げる上でやっかいなのは「滑りやすい状態」
これは軟式でも同じだと思います。

軟式の場合はナガセとケンコーで滑り具合が変わってきて
ナガセは滑りやすくケンコーは滑りにくいために
ケンコーの方がナックルを投げやすかったりします。


そこで硬式のボールの話になりますが、実際に投げ込んでいないのでよく分かりませんが
新品のボールを良い状態に持っていく必要があります。
しかも短時間に簡単に。
マウンド上でできる時間と動作には限りがありますからね…

まずこの方法。
「手で擦る」

1 さらさらの手で擦る
2 息を吐いて手を少し湿らせて擦る
3 ロジンの粉を手に付けて擦る
4 1~3の組み合わせで擦る

ちなみに土で擦るというのはルール的にダメです。
手に土を付ける行為自体が禁止されているはずです。
草野球ならそこまで追求されることはないと思いますが
硬式を使った野球では審判から注意を受けることがあるかもしれません。

ただ良いナックルが投げられないと言う質問ですから
新品の場合でも無回転にはなるが変化量に乏しいとかそういう事なのかも?
肘先行で
リリース位置を高くしようと意識してたらなんかおかしくなってきた。
なんだろう?と思っていたら
腕がドアスイングのようにしなりが無いような投げ方になっていた。

うーむ。これじゃだめだ。
もっと肘を先行してしなりを効かせて投げなければ球速が出ない。


それを意識するようになって球速が増した
無回転も良い感じ。

しかし今日脚立の組み立て時に右手人差し指を挟んだ。
イテテテ…
でもまぁあまり大したことは無さそう。
午後はボールを投げずに自粛。



昨日世界丸見えテレビで面白い内容をやっていた。
バッターボックスに入る前に重いバットで素振りをしているプロ野球選手が多い。
メジャーでもどこでも見かける風景だ。

一体どんな効果があるのか調べたところ
スイングスピードは上がるどころか下がるらしい。
しかもミートする確率も下がるとか…
良いこと全くなし!という結果だった。

番組を見る限り、スイングスピードを上げるには軽いバットで
ブンブン振りまくる方が良いみたい。
入札
ちょくちょくボールを投げている。
感じは良い。

キャッチボールはまだしていないのでまだハッキリとは言えないが
なかなか調子が良いのではないかと思う。
肘を上げるという事がここまで重要だったとは…と思い知らされている途中(笑)


さて、この前横浜ウォーカーの雑誌の記事を見て
吉田えりさんのサインボールをオークションするとあったので
ここはとりあえず入札しなくちゃいけないだろうと、入札してみた。

最初の金額でいきなり「ただ今あなたが最高入札者です」
という知らせを受け、誰も入札するな~!!と念じていたのですが

年末に1通のメールが来た。

入札額を上回る方がいました
入札金額は○○円です
と言う知らせだった。

その金額を聞いてびっくり。僕の10倍以上の入札額だったのだ。
これはもうどうにもこうにも太刀打ちできないので退いたが
うーん。世の中にはスゲー人がいるモンだなぁ

それにしてもサインボール…残念だったなぁ
記念に欲しかったなぁ~
2009年元旦
早くも2009年の元旦が終わろうとしています。
今年の元旦は皆様いかがお過ごしだったでしょうか?

1年はあっという間ですね。


今年ももう残すところ365日となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。