揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らず知らずのうちに
なにか

どこか

ほんの少し以前の投げ方とは違っているはず


どこだ?




と、その答えを探るために昨日の仕事が終わってから暗くなっても投げていた
でも、もう暗くなってるのでボールの回転は見えない。

リリースの感覚で無回転かどうかを判断するだけ。


リリース直前の形をとり、そこから少しだけテイクバックする
そこから投げる。
一切無駄のないように投げる(当然球速など関係なく)


そしたらなんかリリースの感覚が良かった。

「あら?なんかこの投げ方以前にもやったことがあるな~」という記憶が…

あ、そうそう。前に盗塁対策として
ノーテイクバック投法なるものを取り入れていた時期があった。
セットポジションで、グローブの位置を右耳の前くらいに持ってくる。

ステップと同時にそのまま投げる。
セットポジションの時の右手の高さからそのまま投げる。


球速は落ちるがキャッチャー到達までの時間は普通に投げる時よりも圧倒的に速い。
理論上ではすべての盗塁を刺せる時間だ。


その投げ方を真っ暗の中で投げる。
良い感じがする。




そしてそのまま今日。
早速投げてみる。


お!!無回転だぁ~



で、今までと何が違っていた?
どこにズレが出ていた?


と考えると、リリースの位置が下がっていた事に気が付いた
肘が下がっている状態だね。
力任せに無回転を作ろうとしていたのかもしれない。

それからは高い位置でリリースを心がけるともう投げる球全部無回転。

ふ~。よかったよかった。
変に握りを変えたりする必要なんて無かったんだな。よしよし。


この前の試合から投げられなくなった。
原因は風邪。

風邪のせいで投げ込み不足、運動不足、体力低下。
この3つが作用して肘が下がっていたのだろう。
そしてそのまま1試合投げきったものだから、そのままそのちょっとしたズレが染みついたのかもしれない。

で、なかなか修復できずにいたし、原因が分からず試行錯誤して指が痛くなった。
でもまぁ原因が分かって、修正もできた。

今回の修正方法も手に入れることができた。
失敗から多くを学ぶ。うん。いいことだ

これで良い気持ちで新年を迎えられる。
無回転にならないまま悩みながらの新年なんて気持ちが悪いからね
すっきりした気分でいるというのは大切。

あぁ~よかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。