揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コントロール上達法
ペータのチームの忘年会があった。
その中であった話に

「コントロールを良くするにはどうしたらいいのか」という問題。

もちろんいろんなトレーニングや練習は必要だろう。
しかし一番大切なのは「心」だと思う。

精神的な問題が一番大きいと思う。

コントロールに自信がある人は
カウントが悪くなっても
「まだ次にストライクを取ればいいや」とか
「まだまだ大丈夫」
とプラスに思うことができるが

コントロールに自信がない人は
「やばい。次ボールを投げたらどうしよう」
「うー、ストライクが入らない・・・やっぱりこんとろーるは苦手だなぁ」
と言うようなマイナスのイメージを持つ。


だからコントロールがいい人は良いままだし
悪い人は悪いまま
何か劇的な変化がない限り、今まで持っているマイナスイメージをプラスに変えることは難しい。

練習でコントロールを良くすることはできても
実際の試合でその良くなったコントロールを披露できるのかどうかがカギだろう
最終的な判断、指令は脳の仕事。
その脳がマイナスイメージを持つような乱れが生じると筋肉に伝わる命令は微妙な誤差を生む
結果狙ったところにボールが行かない。


だからコントロールを良くするには
マインドコントロールが必要だと思う。
誰かに
「お。コントロールがいいな」と言われる。
それが次第に2人、3人と言われるようになる。

そのうち
「あれ、もしかしてコントロール良くなってるのかも!?」と思ってくるようになる。
それからはどんどん褒める。
その気にさせてしまう方法が一番良い方法だと思う。

もちろんそうさせる前に最低限のコントロールする技術を持ってないといけないが…


草野球はピッチャーの要素が大きい。
そしてピッチャーの善し悪しはコントロールで決まる
ゆえにコントロールの良いピッチャーがいるチームは安定した試合ができる。
守りもリズムが出る。守りのリズムが出れば攻撃のリズムもでる
だからこそコントロールが上達したいという人は多い。

今日書いた方法はピッチャー本人ではなく
第三者がピッチャーのコントロールを良くする方法


本人がする方法はいろんな方法が紹介されていると思う
詳しいことはよく分からないが、体のバランス力が大切かなと。

ま、一番は思うように体が動くかどうかという「巧緻性」がコントロールを左右すると思う
しかしこの巧緻性(こうちせい)は16歳くらいまでは上達するが
成人になってからはほとんど上達しないものだとか…(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。