揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リリースの感覚
さて、質問をいただいておりましたので
僕なりの感覚を書こうと思います。

リリースの感覚。
この感覚こそがすべてだと言っても過言ではないくらいに大切です。

当然文字では言い表すことはできません…
押し出すと言う表現があっているのかどうかも分からないですし。


指先

ここの爪と指の両方でボールを突っつく。
指だけではぶれてしまう。爪だけでは負担が大きすぎる、
だから爪と指先の2つを使う。
もっと言えば指先で押す時にぶれないように爪でブレーキをかけているような状態か。

その状態でガッチリボールをホールドし
あとは投げるだけ。
この時にズルッとずれたりぶれたりするとボールに回転がかかってしまう

ポーンと言うような感覚でボールがリリースできれば無回転で飛んでいく。

フワフワした風船を二本指で突いた時に
重心以外を押すとズルッとずれる。
しかし完全な重心を押すことができると
風船はポーンと飛んでいく。こんな感覚だろうか。

ワインのコルクをスポーンと抜いたような感覚にも似てるような気もする。
(抜いたことはないけど…)
とにかく心地よい感覚がある

逆にストレートなどの強い逆回転を与えるようなリリースの瞬間は
ズルと滑る感覚が100%となる。


と、ここまで書いては見たものの
得ようとしている答えと、ここの書いた文が全くもって違っているかもしれない

そう言うことが聞きたいんじゃないのに…という場合も十分考えられる。

消化不良でしたらまたコメントください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。