揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の絶不調
咳がまだ少し出るが、なんとか体は動きそうだ。

車で約1時間の距離にある球場まで今回は風邪を移してはいけないと一人で向かった。


試合前のキャッチボール。
肩自体は軽いが体全体が重い。
しかしいったんグランドに立てば何とかなるもので何とか1試合は投げられるかなと言う感じ。

ただし…
ナックルは無回転にならない。
さすがに2日間全く体を動かさずにいたのが響いたかな。
体調不良と練習不足のせいなのは明白。

マウンドに立つと無回転になるかも?と思っていたのだが…


だめだった(笑)


ここのところずっと試合で無回転を維持していたので
「投げられなかったらどうしよう」という考えは全くなかった。
が、今日はホントに投げられない。ヤバイ。

しかもしばらく投げてないのでコントロールも不安定だ。
先頭打者にいきなり死球。


どうにかしてこのピンチを乗り切らないといけない。
ナックルが投げられないが緩急とカーブ、シュート、ストレートで凌ぐしかない。
投げていくうちにナックルの感覚も戻るかもしれないので
とりあえずはナックル中心で行こうと。


が、結局終盤まで思うようなナックルは投げられなかった。
それでも今日は投球術でなんとか凌いだ。


喜久屋
0000000 0
0000000 0
ダークホース

0-0の引き分け。
2試合連続無失点。よかった~
両投手も四死球もほとんど無く、打線は両チーム凡打の山
1試合1時間もかからない(笑)


あぁ~無回転が投げられてたらなぁ~
最終戦にしてナックルに不安不満が残る結果となってしまった。

元気になって練習の積み重ねあるのみ!
がんばろ。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。