揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心理的攻防
昨日は完封できた。
ナックルボーラーとしてだんだんと成長している証拠に違いない!(笑)

では実際にどんな投球をしていたのかという話。


僕のスタイルはナックル中心で、たまにストレート。
まぁ大体のナックルボーラーならこのスタイルなのだが
問題はいつナックルを投げるのか?いつストレートを投げるのか?
と言うところがポイントとなる。

普通の投球ならば常に相手の逆を狙って投げるのが基本となる
だからバッターは
「どっちが来るのだろう?」という予測をするわけだ。
どこにでもある普通の状態。

しかし今回僕は
打者にストレートが来るかもしれない
という状態でストレートを投げるのではなく
ほぼ100%ナックルを待っているところへストレートを投げると言うのをテーマにした。

それには当然下準備がいる。
ナックルが来るだろう。という場面でナックルを投げる。
ただそれだけ。

ナックルが来るだろうと言うところへナックルを投げるから
打者はもちろんベンチにいる人までもナックルに意識を向けさせる。
当然ナックルだけではなくナックルと同じ速度のカーブとシュートを混ぜて
カウントを取ることもある。
多分ベンチからは何を投げたのか分からないはず。(多分だけど)
ただストレートじゃないことだけは分かるはずだ。


そしてピンチではない時には敢えてナックルで押しておく。
ストレートの速度と感覚を与えないためだ。

それと序盤にナックルで追い込んでからストレートを投げておくのもポイントだ。
追い込まれたらストレートが来るというイメージを与えておく必要がある。


そして終盤ピンチを迎える。
バッターは好打者。
しかし今日はその打者にすべてナックルを投げている。
初球100%ナックルのタイミングで待っている。
そこでストレートを今日始めてその打者に投げる。
全く手が出ずど真ん中を見逃した。

初球予想外のストレートでストライクを取られる。
普通ならここで勝負アリだと思う。
バッターの心理は非常に複雑になる。

ストレートが来た。
もしかしたらこの場面ストレートで押してくるのか?
だとしたら次もストレート?
手を出さないと追い込まれる。ここはストレートのタイミングで待っておく必要がある。
多分バッターの心理はこんな所だろうと思う。

そこで初球のストレートだが、ナックルボーラーのストレートはプラス10キロくらいに見える。
これは大きな効果だ。

その錯覚のまま次にナックルが来る。
ナックルが来ると思ってナックルが来る場合と
ストレートかもしれないと思ってるところにナックルが来る場合では
当然後者の方が打ちにくい。

結果打ちとることが出来た


前半は追い込んでからのストレート。
後半は初球、2球目のストレート。
これが大きな威力を発揮する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。