揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
距離
ナックルについて質問をいただくことがある
しかしそれが管理人にしか表示されないコメントで質問されると
一体どうしたらいいのだろう?と思っていた。

質問に答えても良いのかダメなのか
でもよく考えたら名前もなにも出さずに質問にだけ答えれば全く問題ないじゃないか!
と最近気が付いた(笑)
遅すぎなのだが…

で、こんな質問をもらった
小学生がナックルを投げる上で変化がないのは
距離が短いからなのか?と言う内容

まず結論から言うと「変化する」

しかし条件があって球速は65~70くらいまで
これ以上速くなると良い場所で変化する前に到達してしまう

小学生が投げるナックルは球速もそんなに速くないだろうから
条件的には十分だと思う。
ただ小学生は変化球を投げても良いのかな?
僕が小学生の時は変化球禁止だったけど。
リトルリーグに所属していると言うことらしいのだが
リトルリーグって変化球もOKなんだろうか。
そのあたりはよく分からないけど。

ここまでならこの質問に対する回答は完璧だと思うし
ナックルにおける変化について少し説明できたような満足感さえある(笑)

しかしひとつ謎が残る。

質問の中に
距離が短いから変化しないのでしょうか?距離が長くなると変化するので
とあった。
これはまた話が変わってくる。
「距離が長くなると変化する」
これは一体どういう事なのか。

ちなみに普段キャッチボールや壁当てをしている距離は16mくらい。
18.44mに対し2.5mほど足りない。しかし変化は十分確認できる。

この距離くらいでは変化しないが、距離が長くなると変化をすると言うことは
すでに球速が100キロを超して110キロくらい出ているのだろうか。
しかし小学生でこれは考えにくい。

うーん。一体どういう事なのだろうか…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。