揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対戦相手は北興クラブ
まけたー

5-0(しかも5回時間切れ)

相手は十分すぎるほど格上のチームだったが、投手がそんなに凄いわけではなかったので
いけるんじゃないか?と言う気持ちはあった。
しかしことごとくチャンスが潰れあと一本が出ない苦しい展開。
逆にこちらはチャンスでヒットを打たれる。

立ち上がりは良かったのだが、さすがに相手は合わせてくる。
投げてて思ったのは「ストライクの取りすぎ」のような気も。
ナックル一本勝負で行くにはそれでも良いのかもしれないが、他の球種を多く混ぜる場合はちょっとだめなのかもしれない。

たまたま今日はマッスルが風邪でかわりにペータにマスクを被ってもらったのだが
一瞬だけ息が合わない時があり、その時にタイムリーを打たれてしまった。
「う。でもまぁ1球くらいいいか」と思って投げてしまった僕の完全なミス。
速いストレートでズバズバ押していくような投手ならもう勢いに任せて投げても良いのだろうが
ナックルボーラーみたいな技巧派は1球のミスが大きなミスに繋がることがある

強い相手と対戦すると身をもって痛感するね~良い勉強になった。


ナックルの調子自体は可もなく不可もなくと言ったところだったが
少し小雨が降る天候で、条件としては良くなかった。
ボールが湿ったり、湿った土が付いていたりするとどうしても集中力が削がれる。
投げる瞬間に雑念が入ってしまう。

試合している時はもう必死になっているので気が付かないが
やはり四死球を気にしすぎだった。
公式戦。負けられない。
と言う気持ちがストライクを取ると言うことを優先しすぎていたようだ。
ストライクを取ることももちろん重要だが、もっと重要なのはバッターを打ち取ることだから。
ちなみに今日は無四球。ボール3まで行ったのが2回ほど(5回までだったけど)

もう少し経験や実力がついてくると、ストライクを取る事よりも
ボールを打たせることを意識し始めるのかもしれないねー

とにかく今日はよく打たれた。
サードゴロをたくさん打たせるのが目標だったが、ゴロよりフライやライナーが多かった。
もっともっといかにサードゴロを打たせるか?と言うことを意識してみようと思う。


それと公式戦の予選第2試合目に不戦勝となった相手。
そのベアーズクラブというチームなのだが
初戦は不戦勝となっている。
結局参加費を払っているにもかかわらず1試合もしていない状況。
そこで審判団の人が来て
「そう言うことなので場所と時間が合えば試合をしてくれませんか?」と誘いが来た。
当然うちはOKの返事。

審判も正式な人がやってくれるのだからこれは良い試合になりそうだ。
勝つか負けるかは分からないけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。