揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盗塁対策
さて、ピッチャーをやる上でランナーが出た時の盗塁対策はきちっとしておかなくてはいけない。
特にナックルボーラーは球速が遅いのでより高度なテクニックが必要だろう。

これまで何度か試してきたが、なかなか良い方法を見いだせていない。
投げる時のテイクバックをなくす方法はかなり速い動作で投げることが可能だが
やはり無理している部分もあり、球速、ナックルの安定性などに欠ける面があった。

クイックで投げるのは当然として何をどこまで犠牲に出来るか?というのがポイントになるだろう。
で、この前の試合で観戦していた時にあるピッチャーが行っていたセットポジションがあった。
かなり開いてセットポジションに入っている。
ランナーも十分に見えるほどだ。
たまたまその場に正式な審判の人もいたので、聞いてみたところルール上は全く問題がないそうだ。
ただ投げにくいと言うのがデメリット。

しかしナックルボーラーの場合初めから開いて投げると言うことはあまり苦にならない。
むしろ投げやすいのではないかと言うくらいだ。
問題はここ一番のストレートの球速とコントロール。
それに牽制球の動作と牽制球の投げやすさ。これが重要となってくる。

マッスルとキャッチボールをする機会があったので少し試してみたがなかなか良かった。
コツも掴めてきて申し分ない出来映え。
実戦でどうなるか分からないので今度の日曜日にはしっかり試そうと思う。


それともう一つ。
これはもうデータも何も付けていないので自分の感覚で学ぶしかないのだが
ランナーは盗塁のサインが出て走るチームと単独のチームがある。
ほとんどが単独だったりするのだが、対ナックルボーラーに対してどこで走ってくるのか
そのカウントは?何球目なのか?
というのを自分なりの体感で感じ取ろうとしている。
まぁこれはピッチャーによって違ってくるのだろうし、ランナーの性格にもよるが
だいたいここで走ってくる可能性が高いポイントというのはありそうだ。


ここの部分はバッターとではなくランナーとの駆け引きになってくる。
まさに心理戦だ。
今この心理戦というのが楽しくて仕方がない。
相手の心理を読み、その裏をかく。

相手が今何を感じ、何を思っているのかを推理する
バッターならバッターになった気持ちにシンクロ。
一挙手一投足に細心の注意を払う



あぁ早く試合がしたいー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。