揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本から応用へ
ボールをグローブで捕る。

野球の動作で基本中の基本なのだが
この練習の時によく言われた
「両手で取る」という表現。

今となって考えてみると、両手で取るメリットが全く見えてこない。
両手で取ったからボールが捕球できたという記憶がまず無いこと。
両手で取ろうとするあまりグローブを前方に出せない事はあるだろう。

しっかり捕球しないと行けないファーストで両手で取る人はいない。
キャッチャーに至っては両手は怪我の元

捕球できなかった場合でも片手だったから捕れなかったと言うことはなく、両手であっても捕れていないハズだ。


またしっかり正面に回り込んで打球を処理する。
逆シングルで捕ろうモノなら
「正面に回れ!」と注意されることもあるくらいだ。
しかし無理矢理正面に回り込むことで、動きに無理が出来たり、次の送球時に悪影響も出てくる。
逆シングルで捕る練習もするべきだろう。

もう一つ。
素早い送球が必要とされている時
ゲッツー時のショートがセカンドに送球する場合や、その逆でセカンドがショートへ送球する場合など
そう言う時にサイドスローで投げると
「上から投げろ!」と注意を受ける。
現実は上から投げるよりもサイドスローで投げる方が早い。
ならばサイドスローで投げる練習をするべきだ。

しかし日本人はこういう行為を激しく嫌う傾向にある。
「基本に忠実」という言葉に弱いのだ
基本は基本でも、さらにその上を目指すのであれば応用力が必要になる。
これは野球だけに関したことではない。


要するに今までの概念を捨て、理にかなってる方法は何か?
どうすればもっと技術が向上するのか?
と言うことを考えながら練習をするのとしないとのでは雲泥の差が出るはずだ。

ピッチャーも同じで
何処に何をいつどの様に投げれば打者を打ち取れるのか
と言うことを常に考えなくてはいけない。
もちろんキャッチャーもだ。
ただ漠然とサインを出すのではなく
ピッチャーもただうなずくのではなく

1球1球に意味があって、無駄な1球なんてものはない
バッターがストレートを待ってるのであれば
その逆の遅い変化球を投げれば良いというものでもない
ボールのストレートを投げるも良し、ストレートに近い球速の変化球を投げるもよし

もっと言えば待ってる球種をストレートから変化球に変えさせるようにバッターの心理を操作し、混乱させるもよし。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。