揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イ・チャンス
韓国の選手に「イ・チャンス」という選手がいるそうだ。
その彼にいいパスが出たときの実況

マッスルが教えてくれた。
面白すぎ!!
スポンサーサイト
悔やまれる一球
日本対韓国の試合結果をふまえて。
まだ結果を知りたくない人は読まないように!(笑)









勝負を決めた一球は岩瀬が投げた一球。
イ・スンヨプに投げた追い込んでからのインコース。
アウトコースのスライダーで追い込んだ時もタイミングが合っていなかった。
解説者も、あのコースは打ってくるからあそこで勝負するべきと。

しかし矢野はインコースに構えた。
敢えて逆を付こうとしているのだろうが、嫌な予感がした。
そしてツーランホームランを浴びる。
勝負アリだね。厳しい言い方だが矢野の要求したインコースによってこの試合は負けた。

そしてまたもや自信をなくした岩瀬。
この前のタイブレイクで打たれてから傷が癒えていない状態でのこの一発。
心配していた通りになってしまった。
タイブレイクで岩瀬を起用した星野監督のミス
調子の上がっていないイ・スンヨプに対してインコースを要求した矢野のミス

8回で同点。
まさに息詰まる展開。
こんな時は一球のミスが命取りになってしまう。
そんな厳しい状況で使わないといけない抑えの投手陣。
限りある駒は大切に使わないといけない。


それとこの前のタイブレイク。
今回新しく導入されたシステムなのだが
このシステムを採用するに当たって星野監督が抗議をした。
実際問題星野監督が抗議したからといって「あ、じゃあやめます」ということにはなり得ない
だから抗議は全くの無駄

いや、それ以上にマイナスだ。
星野が抗議した事により、タイブレイク=不要なモノ
というマイナス意識が日本チームにあったはずだ。

そしてタイブレイクに突入。そして負けた。


当然これは個人的な意見だが
今回のオリンピックは星野監督のせいで負けたと言ってもいい。
特に「勝つ作戦」に関しては酷いモノがあった。

星野監督が嫌いなわけでもないし頑張って欲しかった。
同じ岡山県出身だしね。
でも結果的にこうなってしまったのは非常に残念だ。



そんなの結果論じゃねーか!と言われるだろうが敢えて書いた。
皆さんの今後の野球理論に少しでもプラスに働いてくれれば幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。