揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Verdero
ヴェルデロ(Verdero)というブランドを昨日知った。
スパイクが凄そうだ。

今までのスパイクとは全く違う感じ。
軽そうだし。なんかよさげ。
ただまだ日本に浸透してないために情報量が少ない。
良いのか悪いのか分からない。しかも高価だし(笑)


さてさて今日は久々の練習試合。
登板予定は最初の3回。
肩の調子がよく分からないので様子見

投げてる分にはあまり気にならないが、肩関節は完璧なのか?と言われるとそうでもない
今試合後の調子は特に普段と変わらない。
朝起きてストレッチをすると痛いだろうなぁと言う感じ。

肝心のナックルの内容は普段からの練習不足と追い風という不利な状況であまりよく無かった。
ほとんどナックルばかりを投げまくったが、カウントを悪くすることもなく
打たせて捕ることが出来たのでまぁ良しとするかな。
この前のブログで
試合中に修正はできないと書いたが、ナックルしか投げないと決めていればある程度修正は出来る。
覚悟を決めて投げろと言うことか?(笑)
練習試合と公式戦とでは気持ちの違いもあるだろうし。


3回を投げた後はライトを守った。
左投げ用のグラブで!(笑)

打球は4つ飛んできた。
1・ライトオーバーのヒット。
2・ライトフライ
3・ライト前ヒット。

そしてもう一つはなんとライトゴロ!(笑)

ライト前に強い打球が来たので猛然とダッシュ!
ゴロを捕る練習などしてない!半分ヤケクソでグラブを出したら入った!(笑)
そしてそのままファーストへ投げた。
風が打球に対して向かい風だったので比較的前進守備をしていた。

いやぁ。いきなりあるもんだねぇ~
右投げの投手が右肩温存のために左用のグラブでライトを守る。
その始めて左で守った日にライトゴロで仕留める。
貴重な経験をしたなぁ~(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。