揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よっしゃ
今日は市長杯2回戦

前日からの雨でどうなるかと思っていたが何とか試合が出来た。
ドロドロになるに違いないってビビってた(笑)
しかし水はけの良いグランドに移動して試合が出来たので結果的には普通の試合が出来た。
良かった良かった。

ペータのチームの試合が中止になったので
急遽ペータが参戦。
危ないところだった…。試合開始の時には9人しかいなかったし。
マッスルは大事をとって出番は無し。今日はスコアラー。
4日の早朝野球に間に合うようにしなくちゃいけないしね。


さぁ!試合の内容なのだが
相手チームはチャンピオンというチーム。
初対戦。全く情報がなかったのでどんなチームなのか分からない。

しかし今日はナックルで押すというテーマだったので
打たれようがどうしようが投げまくるつもりだった。
が、いざ試合が始まると良い勝負になってきてる!
これはもう勝たないといけないぞ!!と言うことで少しナックルの量を減らして
9割ナックルの予定を5割くらいにした(笑)

チャンピオン 0000100 1
喜久屋    001020X 3

ノーアウトからエラーを2つ続けて出してしまった5回に1点を取られたが
あとは要所を締めて何とか逃げ切った。

ナックルの調子は80点と言うところ。
球審をしている人は審判団でも仕切ってる人なので
その人に是非疲労せねば!と力も入った。
良い変化をしたナックル。うねるような変化はさすがにジャッジに困っている様子だった(笑)
良い感じだー!!

で、前から気になっているんだけど
ケンコーボールとナイガイボール。
ボールを作ってる会社が違うんだけど、ケンコーは表面がザラついてる
ナイガイはツルツルしてるような感じ。
圧倒的にナイガイが良い変化をしてくれる。
3部の試合は基本的にナイガイなんだけど今日はケンコーだった。
持った瞬間「あれ?もしかしてケンコー?」となってしまったし。

あまり変化しないなぁ~と思ってるところにファールを打ってボールチェンジ。
またケンコーだろうな…と思っていたら
ボールを持った瞬間
「キターーーーー!ナイガイキター!」って思って、確認したらやっぱりナイガイだった。
そして次の一球のナックルはすさまじい変化をしてくれた。
ベンチも審判も野手も全員ビビってた(笑) もちろん僕自身も。


7回の最後のバッター。
ランナー無し。
このバッターは全球ナックルで押した。
見事に三振。かすりもしない。
ナックルで空振りを取れる時だけに感じる独特の空振り。
投げた本人にしか分からないあの感覚が実に気持ちが良い。
横に逃げるスライダーで取る空振りとか、速球の空振りとか、ドロンと落ちるカーブで取る空振りとか
そんな空振りとは全く違う空振り。
こういう他では味わえない感覚を得てくるとますますナックルの虜なってしまう。


それにしても相手チームはまだ僕が1回の投球練習をしている時から
「あれがナックルか」「あのナックルの速度を覚えておけ」「あのナックルで追い込まれたら速いのがくるぞ」とか、そんな情報を持っていた。
一体どこでそう言う情報を得たのだろう。
対戦したチームなら分かるのだが。

と、普段は不思議がるところなんだけど
今回はそれなりの理由があるのだ!(多分)

今度の早朝野球のチーム紹介が新聞に載った
20080525.jpg

本名が思いっきり載ってるので恥ずかしいから画像処理済み(笑)
クリックで大きくなるので文字は読めるはず…?

来てるよ!来てるよ!ナックルが来てるよーーー!(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。