揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジムの全体図


きたきたー。ようやく組み立てて使ってみた。
くるね~足に来るね~
レッグエクステンションとレッグカール。
肩を動かせない今はこうして下半身の強化に集中できる時期だと思って。
なんでもプラス思考よ!良い時期に買った!

20080428b.jpg

そう言えばここの中が一体どうなってるのか?という質問は一切無かったのだが
更新することもないのでとりあえず携帯で写真を撮ってみた。

20080428a.jpg

ちょっぴり散らかってるけど(笑)

20080428e_20080428215002.jpg

こっち側からのアングルは初めてかな。
この奥にバッティング練習が出来るようになってる。

20080428c.jpg

こんな感じ。でマシンをセットして。
一番奥にスタンディングバッグが見えるかな。



さて、今日は整形外科に行って来た。
連休の前と言うこともあってかものすごい混雑。
まぁ、それもある程度予測していたので、1時間前に行った(笑)
4番目だったので結構早く診察してくれた
それでも帰ってきたのは2時間半くらいかかったけど。
行くのがあと30分遅かったらもう死んでたな。

で、レントゲンとかいろいろ取っての診察結果は
肩の関節炎?なんかそんな感じだった。
一応聞いてみた。
よく肩を痛めた時とかに聞く、インナーマッスルを痛めたとかそう言うことはないんでしょうか?と
そしたら骨の部分だからそれはないと思うとか。そんな感じ

もう一時は腱の断裂とか、とんでもないような最悪を覚悟していたが
関節炎ならそのうち安静にしていたら治るだろう。
肩関節も普通に動くので5日分の薬を出しておけば大丈夫とのことだった。
でもゴールデンウィークが挟まるので一応7日分もらった。

これで治ればいいんだけどなぁ~


肩を脱臼した時も
「1ヶ月くらいかかりますか?」と聞いたら
「あぁ、こんなのすぐに治るよ」と言われ2ヶ月以上かかったし
肘を痛めた時も
「大したこと無い、すぐ治る」と言われ2ヶ月かかった。
さて、今回この肩の痛み。一体いつ無くなるのだろうか…

でも安心したせいで少々の痛みが気にならなくなるという精神的にも楽になったことが大きい。
何も分からないままの痛みは「不安」だけをかき立てるからね。


しかし投げられないのはつまらないもの。
この前の試合だってウズウズしてたし
さらにボロ負けしてしまった(笑)
まぁ負けたのは仕方ない。その負けた試合の中でも得るものはたくさんある。
ミスは今後直していけば良いのであって、悪い事ではない
むしろ上達する「要素」があると思えばいい。

確実に良くなってきてる部分もある。
マッスルのキャッチングがやたらとうまくなってきた。
ワンバウンドの処理の仕方とか練習もしてないのにそれっぽくなってきてる(笑)
後ろにそらさず前に落とすというのはピッチャーにとっても思い切って投げられるので◎
さらに軟式特有のキャッチャーフライ
キャッチャーの頭より高く上がるか上がらないかというようなボールが変形しながら空中で一瞬止まるようなあのフライ。
あれをマッスルはやたらと得意としているようだ(笑)
この前の試合でも「それを捕るのかよ!」みたいなやつを捕ってたし。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。