揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インナーマッスル
最近マッスルもハマオもトレーニングルーム(勝手に名付けた)にこもるようになった。
マッスルはいろいろとウェイトを使ってやってる様子。
ハマオは首の筋肉を鍛えるやつをやってみたり
グローブやレッグガードを付けてパンチやキックの練習ばかりしている(笑)
これに。

でも面白そうなので僕も今日は加圧を付けて、これを10分間パンチし続ける事に挑戦した。
よくボクシングのTVを見てて
両者がばててきてる後半とかみるとどうしても疲れてて手数が出ない状況を見ると
「打てよ!なぜ打たない!」と吠えてるので
実際にどうにもこうにもパンチを出すことが出来ない状態まで追い込みたくなった(笑)

実際パンチの連打をしてると
「お?意外に行けるんじゃねーの?」とか思ったが2分を過ぎた辺りから辛くなる
そして息が上がりバテバテになってしまった。
20秒ほど休んで1分間打ちまくる。
一体これがなんの練習になるのかと言えば全くの謎だが
それでもいいストレス発散になったかもしれない。

もしかしたら「腕」だけのスタミナがつくかもしれないね。

しかし雨のせいでボールを投げなかった。
今度の日曜日大丈夫だろうか~


そうそう。
タイトルにもあるインナーマッスル。
野球、特にピッチャーをする上で欠かすことの出来ない筋肉。
草野球レベルで一体どれだけ意識してトレーニングをしている人がいるのか気になるところだが
それでも決して多くないと思う。
しかし環境が整ってるのだからやらないわけにはいかない。
今まではうちわやゴムチューブでやっていたが
これからはダンベルなどを使って効果的にやっていこうと思う。
火曜、木曜、土曜はインナーの日なので今日はしっかりやった。
方法などはネットで調べて用意万端で(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。