揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝つには勝ったが
結果3-0で勝った。
2安打1四球完封と数字だけの内容を見れば言うこと無いのだが…

今シーズンで一番、もしくは昨年からのピッチングを合わせても
一番出来の悪い日だったような感じだ。

ナックルは投げられない
ストレートのコントロールは定まらない
歯車が噛み合わず、負の連鎖状態で何をして良いのか分からないような…
今日はピッチングの厳しさを知った気がする。

最近少しナックルの調子が良くて、なにげに打ち取っていたという状況が
自分の力を過信してしまうという事になっていた。
まだまだ自分は力不足。


それと試合終了後にセットポジションからの反則投球(ボーク)の説明を受けた。
キャッチャーのサインを見る時に左脇の前くらいにグラブを置いてその中にボールをしまっている。
そこからセットポジションの体勢にはいるのだが
右手がボールに触れて一瞬でも止まればそこがセットポジションの位置になり
そこからまた動いてセットポジションにはいるとボークになるとのこと。

二段モーションのことは知っているので今さらな感じがあるが
非常に厳しい指摘だなと言うのが感想だった。
ただ、対応策はいくらでもある。
しかしナックルボーラー特有のあの握りを一瞬で決めるためには
グラブの中にしっかり位置を決めてしまっておくのがベスト。
右手にボールを持っていたのではナックルの握りが作りにくい。
まぁこれも練習でカバーしていけばいいだけの話と言えばそれまでだが。

右手にボールを持ったままで握りを作った時と
右手には何も持たずにグラブの中にあるボールに触れた時とでは
「リフレッシュさ」な感じが違う。
文字で書くのは難しいが、ナックルを投げる直前はストレートなどの握りでボールを持ちたくない
仮に右手で持って、グラブの中でナックルの握りに変えて
そこから指に馴染ませ、ストレートの握りの感覚を消し去り、ナックルを投げるという時間。
この時間が無駄というかいらないと言うかリズムを狂わせる。

そんな大袈裟な…と思うかもしれないが
そのくらい毎回感覚には気を遣って投げている。


さて、明日からどんな練習をしていこうかな。
具体的な練習方法を考えないとな~
二段モーションに気を付けてグラブの中にボールをしまうか
右手に持つボールの方に何らかの工夫を加えるか
そのどちらかかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。