揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完封勝利
最近何かと仕事でいろいろとありなかなか練習の時間が取れない日が続いた。
んでもって今日の試合。体調は良いがナックルの調子が非常に気になる。

試合直前にマッスルとキャッチボール。
無回転にならない。やばさ満点
いろいろ試してみるがちょっとイマイチ。
うーむ。とブルペンがあったのでそっちに移動。
マッスルに座ってもらい投げてみると「あら?良い感じでは?」となってきた。

試合でははやりコントロールが優先されるが
それでもやっぱり無回転にこだわりたい。

ナックルそのものの調子は良くもなく悪くもなくと言ったところ。
回転してしまった失投は何度かあったが、良い変化もあったので。
しかし気になるのは右バッターの後ろにすっぽ抜けてしまう球が3球ほどあった。
それと左バッターにだけど死球が1つ。
四球こそ1つもなかったが、失投があったのが今後注意しなくてはいけない。

結果は2-0で完封勝ち。被安打3。(3塁を踏ませない内容)
よっしゃー!ゲッツーも取れたし。よかったよかった。
1回も勝ったことがなかった相手だけにここは喜んでも良いところだろう。
それに今季初勝利だし(笑)

しかし何度か対戦してるチームだと
試合前から「相手はナックルボーラーがいるから」という話も聞こえてくる
ナックルを投げてるということを覚えててくれるというのは嬉しいもの。
しかしナックルの調子なんていつ突然悪くなるか分からないだけに
「今日は投げられません」みたいな事があると申し訳ないような気持ちにもなる
試合の日程などから僕が投げない日とかもあるかもしれないし

そんな妙なプレッシャーを感じるようになってきた今日この頃(笑)

しかしナックルが決まってくると面白いね。
何度も何度も練習した甲斐があるというものだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。