揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェイクフィールドの場合
この前書いた親指と人差し指で押し込むような感覚。

これを家にあったボールでいろいろと握りながら感覚を模索していた。
と、同時にこの前の巨人と対戦した録画も見ていた。

んで、以前から気になっていたウェイクフィールドのリリース直後の指の動き。
二本指で押し出すと彼はインタビューで答えていたりするわりには
投げた直後の人差し指が伸びている。
人差し指が伸びていると言うよりも中指が前に強く押し出されていると言うべきか。
まぁ、どちらにせよ二本指の動きは同じではない。
なぜそうなるのかずっと分からないままだった。

それともう一つ気になっていたウェイクフィールドの写真がある。
リリース直前に彼の人差し指がほんのわずかだがボールから離れていたのである。

このことから彼は中指重視のリリースをしているのではないか?と思っていた。
そこで今回僕が感じていた親指と人差し指で押し込む感覚。
これでは彼と同じようなリリースのようにはならない。
(まぁ同じにする必要はないのだが)

で、これは僕の予想だが、彼は親指と中指と薬指の三角形でボールを押し込んでいるのではないか?と。
(薬指の使い方は僕と全く違うので比較できないが)
今日は雨で何も試せていないが、多分中指重視で押し込むとフリーに近い人差し指は伸びたままになるのではないかと。

それも手が大きいから出来るのかもしれないなぁ~
僕には無理かも?

と言っても今日書いたのはあくまでも「そうじゃないのかな?」という程度のことで
実際のことは何も分かりません。
彼も企業秘密?なことなので口には出さないでしょうし。
スポンサーサイト
間違ってた?
なんというかここのところ無回転が投げられたり投げられなかったり。
少し前に掴んだ感覚というものが少し変わってきてるように感じていた。

手のひらを正面に向けたリリースではなく、やや横向きにして投げていた。
イメージ的には手のひらが自分の方を向く感じだ。

だから小指を前に、小指側をキャッチャーへ。
と言う意識を持っていた。
んで、そのまま投げていたのだが、うまく行かなくなってきた。

うーむ、なぜだ?
なにか違う感じ。この感覚は一体なんだろう?
どうしたら無回転になるんだっけ?と

いろいろ考えていたらふとひらめいた。
小指側を前に出すのではなく、親指側を手前にする感覚だ
そして親指と人差し指で輪を作って、その輪のまま押し出すような。
さすがにこのあたりは感覚的な事なので文字では表現しづらいな(笑)

小指を前にしただけでは後から来る親指と人差し指の感覚がおろそかになっていたのだが
親指と人差し指(中指も当然だけど)で押す感覚の方がしっくり来る。
手の角度はそのままで、無回転になるべくしてなるような投げ方だ。

とりあえずこの投げ方でしばらく練習してみることにしよう。
大きいことはいいことだ
ハマオが壁にボールをぶつけていたのだが

「このボール小さいかもしれないです…」と言っていたので見てみたらC球だった。
そう言えば手の大きな人はA球がこのくらいの感じで握ってるんだろうなぁ~と
そこでC球でナックルを投げてみたら

なげやすい!!(笑)

あぁ~やっぱり手が大きいのはうらやましい。
僕の絵が大きければもっと簡単にナックルが投げられるんだろうなぁ~

でもこのブログのテーマでもある
「軟式でもナックルは投げられる」
「手が小さくてもナックルは投げられる」
「握力がそれほど無くてもナックルは投げられる」
この3つが隠しテーマ(笑)

あ、それとここ最近調子に乗って投げていたら少し肘に違和感が。
痛いとかそんな感じではないので心配はしていないが、少し投げすぎているのかもしれない。
マッスルも肘に違和感があるって言ってるし。

腹筋とかちょっと怠けていたので
これからビシビシ鍛えていこうと思う。

影響力
ウェイクフィールドが登板してから2日が経った。
ここのアクセスが飛躍的に伸びてる。
やはりTVの影響力はすごいね。

そして僕も影響を受ける(笑)
ああいうようになりたい。
彼みたいなナックルボールを投げたい。
ナックルを使ってもっと試合に勝ちたい!

んでもって最近投げまくり。
不調期なだけに満足は出来ないが、そこそこ投げられている感じ。
しかし続かない。
右方向へすっぽ抜けたりもする。
まだまだなにかいい方法があるように思う。

とりあえずナックルボーラーにとって必要な筋肉を付けようかなとか。
後半指先の感覚が鈍くなるのは指の力の持久力不足かなと。
ウレタンボールを使って、ナックルの握りを作ってそのままボールをグニグニ握ってる。
これをしばらく続けてみよう…
6回
この回でウェイクは降板。
バッテリーを組むのが2回目のキャッチャーのキャッシュ。
想像以上にうまく捕っていたと思う。
解説の人はよく落としていたといってるが、ミラベリでもあのくらいはよくあることだし。
ランナーが走った時に落としたのが2回あったかな?
一瞬ランナーが目に入ったのだろうね。
それで変化についていけなかったのか。
でもミラベリの変わりにキャッシュはいけるんじゃないかと思う。
今シーズンもウェイクには期待できそうだ。よしよし。

長谷川が言ってたな。ウェイクフィールドを目指して野手でもナックルを練習してる人はたくさんいると(笑)
5回
小笠原のコメント
ストレートまで揺れてくるから目を閉じて打った。
それはいくらなんでも言い過ぎだろ(笑)

谷のコメント
縫い目が見える。一瞬伸びてくるような感じでそのあと揺れる。

このあたりだろうね。
ナックルを受ける機会はあまりないけど
ボールが回転していないからボールが止まって見えるような錯覚を起こす。
ヌーッと伸びてきて最後にストンと変化する。
分かるよ分かるよその気持ち!!
4回
なにげに点を取られてますな。

小指は立ててないけど薬指に付けてるわけでもない感じかな。
次の回も投げてくるのかな?
9回までは投げないよな?さすがに。
あぁ~少しでも長く見ていたいねー。
3回
ここまでみてるとやはり広島のフェルナンデスとは1枚も2枚も上を行ってるね。
ウェイクフィールド変化はヌルッとした変化だね。
小笠原も何とかバットに当ててヒットにしたが満足のいく当たりではなかっただろう。
まぁ本人が一番分かってると思うが。
で、この回に松坂のインタビューがあった。
ウェイクを出せ!松坂なんて今日は関係ないんだよ!(笑)

そう言えば日本ではウェイクフィールドではなくウェークフィールドの文字だった。
それと気が付いたのだがウェイク今日は小指立ててない??
次の回で確認しよう。
2回
しかし更新しながらのTV観戦は肝心なところが見れないかもしれない。
というか何度か見逃した(笑)

よって2回はじっくり見ようと思う。

谷はナックルのタイミングに合わず、結局ストレートをセンターフライ。
G+だけの放送で何となく優越感(笑)

坂本に対しては7球すべてストレートだった。

その次の打者は完全に打ち取られてた。
左打者だったけど誰だったのだろう??(笑)

あまり簡単に投球が終わるとスローモーションの機会が減るのでそれも寂しいね(笑)
よっしゃ!
TV中継を見ていてなかなかレッドソックスの先発投手の発表がなかったから
もしかして…っておもってたけど
ようやく確認できた。とりあえずは一安心と言うことか。

今日は各回のピッチングで気になったことがあれば即書いてUPしていこうとおもう。
忘れないうちに書く為に(笑)

くそーCMなんていらねー!
と思ってたらここはケーブルTVでG+があった!CMがないよ!

高橋あえなくキャッチャーフライ。
100キロちょっとだねー。

二岡死球か。うーむ。
しかし無回転来てるねーー!

そうそう。長谷川いい解説だ。完全無回転は変化しないと(笑)

小笠原。119キロのストレートに振り遅れか…。
2-3のフルカウントから1球ストレートでファール。
この後何を投げるのか気になる!

ナックルで四球か。

ラミレス。
ナックルで簡単に追い込む。
見送り三振。手が出ないか…

イ・スンヨプ
当てただけのスイング。結果的にタイムリー。
しかしナックルの調子は良さそうだ。

阿部。キャッチャーフライ。


しかし今日の放送はスロー映像がたくさんあっていいぞ!!

イ・スンヨプのタイムリーのナックルは回転が無さ過ぎてスーッと流れただけの変化になってしまったためにうまく合わされたという感じか。

2回も楽しみ楽しみ
明日はTV観戦だ!
おおおおおお!!

明日の19時からのTV放送でレッドソックスと巨人の試合がある。
しかも先発予定はウェイクフィールド!!
これはもう保存版だよ!!

絶対見なくては!
そしてナックルの本当のすごさを日本中に広めてくれー!


そう言えばカウンターがいつの間にか10万を超えているではないか!
皆様ありがとうございます。これからも頑張ります。


さらにコメントをしてくれてるのに返事も書かずにウダウダしてた~(汗)
本職はセカンドさん
体感速度が10キロUPというのはすごいですね~
僕が思うにストレートとナックルの球速の差は最小で20キロが限界かな?と思ってます。
いかにナックルの球速を上げてストレートに近づけられるか?と言うことになってきます。
そしてつい最近その差を23キロまで縮めることが出来ました。
もう一息です。これからもいろいろ試してみます

ヒロさん
3球目が変化しているように見えますね。実際はしてないかもしれません
距離にしてボールが投げられてからカメラから消えるまでの距離は10mくらいですので
これから変化し始めようかなぁ~と言うくらいの時に消えてます(笑)
次回はキャッチャー目線からの動画に挑戦してみます。
変化のしすぎでカメラから消えると言うことはないみたいです。
なんにせよカメラでボールの変化を捉えるのは非常に難しいんですよね…
カメラはソニーのHDR-HC3です。

YOさん
明日はついにウェイクが見られるかもしれませんよ。
これは楽しみですね~
この前はありがとうございました。
ハマオが非常に喜んでいました
ピッチャーをするとは思っていなかったのと、少ししてみたいという気持ちが以前からあったようで
実際にやってみたら意外にも上手くいったので鼻息が荒いです(笑)
また助っ人が必要な時は呼んでくださいと言ってました。喜んでいくそうです(笑)

こんろさん
ウェイクフィールド見てみたいですね~
実際にキャッチボールもしてみたいですよね。
でも硬球が飛んでくるのは怖いですね…プロテクターが必要かもしれません(笑)

市長杯の抽選
今度こそ!
いつもくじ運に泣かされているので今回こそはと言うニュアンスが強い。

毎回回転寿司に晩ご飯を食べに行ってるのだが、今回はラーメンにしてみた。
本日が誕生日のマッスルではなく、ハマオがくじを引く(笑)
14番目にハマオが引くのだが、それまでに強いチームが番号の後半部分に集まりかけている。
若い番号を引け!!
3番だ!3番がいいぞ!と念じながらハマオの番。

「喜久屋…3番」

キター!!

ついにいい番号を引いた!



ちなみに今日キャッチボールをしたのだが
今はちょっと「迷走期」のような気がする。
イマイチしっくり来ない。右側にボールが抜ける。
うーむ。どうしたものか。
ボールを挟め!
疲労が抜けきらない。
まだまだ体中が痛い。

ナックルの調子が悪くなった原因が今日少し投げて分かった。
親指と薬指&小指でボールを挟むのだが
この力が弱くなっていた。
しっかりホールドして投げないとブレが出る。
このブレが立てた2本指に伝わって、リリースの最後の最後でボールに回転を与えてしまう。


そういえばこの前書いた中で
調子が良ければ互角と書いたのは、あくまでスコアの中での話。
調子が良ければ0-1とか1-1とか1-2とか
負けるにしても大量点は取られない感じかなー
内容は圧倒的に負けてるんだけどね。

しかし一度でいいから勝ってみたいなぁ~

21日に市長杯の抽選がある。
今度はハマオがくじを引く。
疲労困憊
朝YOさんの試合の助っ人で2試合こなし
帰ってきて1時間の休息後ナイターの試合を2試合こなしてきました。

疲労困憊です。
足がガクガクいってます。
午前中はナックルも投げられていたのだが
夕方からはもう投げられない(笑)

僕自身の調子が最高に良い状態で何とか互角に戦えるかなぁ~
と言う程度なのに、少しでも調子が悪いと完敗します。

指先の感覚とか体の感覚とか
自分では疲労を感じてないと思っても、どこかにブレや誤差が生じるのだろう。
ま、こんな時もあるか…


しかし試合の経過が早い!
2試合をして3時間かからなかった。
1試合目は1時間ほどで終わった。
こっちは相手ピッチャーがよくて全く打てない。
攻撃があっという間に終わる(笑)
2試合とも完封負け。

とにかく疲れたー。
でも疲れたせいでナックルが投げられないということも無くさねば…
明日は筋肉痛地獄だろうな。
撮影裏話
この前撮った動画。

4球目の超スロー動画のボールの軌道は、かなりカメラに近い場所を通過しているのが分かると思います。

そしてボールがカメラから消えた瞬間くらいに、カメラが一瞬ぶれます。

ボールがマッスルに当たったためです(笑)
熱い2人
お彼岸前と言うことで仕事が忙しくなってきた。
しかも先日入院した職人が1人欠けている状態。

いつも以上に効率のいい仕事をしなくては行けない。
仕事の段取りが非常に重要になってくる。
それにはまずマッスルとハマオをどう使うのか?ということ。
ここは頑張って欲しいところ。

しかし今この2人が猛烈に熱い!(笑)
燃えに燃えている!


燃えすぎて多少の失敗はあるが、入社してきた時と比べるともうそれは雲泥の差。
仕事もだんだんと任せられるようになり、一人前の職人へと成長しているようだ。


あと1週間だ。是非ともがんばり抜いて欲しい。


その中で僕1人花粉症で泣いている…
花粉対策
花粉対策にノーズマスクピット

これがいいんじゃないかとアドバイスを受けて、早速買おうと思ったらどこも売り切れ。
女性サイズのSと男性大きめサイズのLしかない!
普通サイズのMは売り切れまくり。
うーむ。
近くのドラッグストアとかには売ってるのだろうか??


そしてマスクとメガネを使うとどうしてもメガネが曇る。
曇らないマスクは買ってあるが高価なためになかなか使えない(笑)
そしてもうヤケクソでスキー用のゴーグルを使ってみた。
20080312.jpg

このスタイルでずっと仕事をする。曇らない!目が痒くならない!これはいいぞ!
しかし鬱陶しい!(笑)
マスクがうまく出来ない。ゴーグルに当たっててずれる!

だからこそノーズマスクピットが欲しいのに!売ってないし…

で、花粉症のせいで昨日から体調が悪くなってきたのかなと思ってたら
普通に風邪を引いてるようだ。のどが痛い。
飲み込むと痛いから扁桃腺が少し腫れた?
うーむ…!養命酒を飲んで治さなくては…(笑)
花粉症
機能の15時くらいから猛烈に体調がおかしくなってきた
花粉症の症状が出てきたのだが、その症状が悪すぎる。
鼻水がたまりすぎ。
ティッシュで完全に鼻をかんでも、2分もしないうちにまた鼻をかまないといけなくなる。
あっという間に無くなっていくティッシュ。
集中力も持続しないし、頭がぼーっとしてくる。
さらに目も痒くなって、目を洗うやつでしょっちゅう洗わないとどうにもこうにもならない。
フラフラになってちょっとこれはやばいんじゃないの?
と思い、体温計で測ってみたら37.2度
微熱?風邪を併発か??

そして仕事を終え帰宅。
今度は鼻が完全に詰まる。
点鼻薬で無理矢理鼻を広げる。
使用は3時間以上開けてくださいって書いてあるが1時間もしないうちにまた詰まる!
しかし体温は平熱。風邪ではないようだ。

点鼻薬を何度も使ってると、もう鼻の粘膜がやられたっぽい?(笑)

まさに生き地獄を味わっているような…

夜は夜で寝られない。
1時間おきに起きて点鼻薬を使う。
マスクは2重にして使用。

非常に辛い。
早く5月にならないかな…
今度は
今度の動画はリリースだけに注目して
一体どうなって手からボールが離れていっているのか?
と言うところに注目してみたい。
自分でも見てみたいしね。

あとはマッスルがどこまでうまく撮ってくれるのか?と言うのがポイントか。
試合結果報告
ちょっとナックルの調子の雲行きがおかしくなってきたところで今日の試合。
しかも今日はコメントをよくくれる「YOさん」が助っ人に来てもらえることになっている。
いざキャッチボールをして
「おいおい。なんだよそれは。」みたいな事になっても恥ずかしいし(笑)

そしてキャッチボール開始。
やべー回転しまくってるよ(笑)
たまには無回転になるが、このままでは試合で投げるレベルではない。うーむ

やばいんじゃないのか?と言う雰囲気のまま試合開始。
太陽の光のせいで自分のボールの回転がよく見えない。
いいのか悪いのかさえ分からず。

あ、良い変化したな~と言う時は空振りも取れたりしたので
まぁそこそこ良かったと言うことかな。
結果は3-4で負けてしまったが、まぁよしとしよう。
6回と7回はピッチャー交代。
その時レフトを守った。4球打球が来たので暇しなかった。
1球痛烈なレフト前ヒットが来たので、ちょっとファーストまで思いっきり投げてみたくなった(笑)
アウトにはならないだろうけど、どこくらいのタイミングでセーフになるんだろう?と

ヒットを打った喜びと、オーバーランをゆっくりしてたらアウトに出来るんじゃねーの?(笑) と
でもやっぱり普通にセーフだった。二度と出来ない経験だと思うのでいい経験になった。
まぁ二度とすることはないだろうけど。

それともう一つこんなプレーがあった。
サード側にセフティーバントをして来た。
いいコースに転がったボール。これはやられた!と言う感じだ。
本来ならここでマッスルが「投げるな!」とか「(ファールになるかもしれないから)捕るな!」
と言う指示を出さなければいけないところ。

ラインギリギリで捕ったボール。
感覚としては多分間に合わないだろうな~というタイミング。
でも練習試合なのでどのくらい間に合わないのか、投げたらどうなるのか?ということも試してみたかったので
「えーい!投げたれ!」みたいに投げた。
送球がそれてしまって3塁まで進めてしまったのは想定外だったけど…

試合終了後相手チームの人が
「今日もスピードガン持ってますか?」と言ってきた。
球速を測るのだろう。ふむふむ。
バスバス投げていたのを見ていたら
あ、そうだ。普段ではなくこうした試合時にはどのくらい投げているのか?
マウンドから投げた方が速いのか?とか測りたくなってきた。
球速は120キロ。うむうむ。よさげ。
ついでにナックルも測ろう!と思って投げてみたら
いきなりMAXの93キロ!

おいおい!これはいけるんじゃねーの!?
どりゃー!って投げていたら出るよ出るよ!更新記録が!
結局98キロまで出た!!

よっしゃ!満足!
でも100キロ近いナックルってあまり変化しないな…
80~85キロくらいが一番良い変化をするような気がしてきた。

YOさんも始めてナックルを受けてみて
「うぉー!気持ち悪い~」って言ってた(笑)
そうなんだよな~。いつもは投げるばかりで、受けたことがない人がいきなり受けると怖い
なんじゃこりゃ!みたいになる。

今日はありがとうございました。
YOさんまた助っ人お願いします!


あれ
明日は試合。
1人足りずにまたもや困った状態だったが
ここの読者であるYOさんに助っ人に来てもらう事になり一安心。
ありがとうございます。

明日は何がなんでもナックルを投げなくては!
と今日意気込んでナックルの練習をしようとしたのだが…

あれ?上手く投げられないぞ??
これやばい?大丈夫か?

きっと何か忘れてる。
それを明日思い出して修正しなくては…
ようやくUPできた

ようやくUP出来ました・・・

4球投げてます。
最後がスーパースローです。

この回転数でキャッチャー到達まで2回転ほどしてます。
カメラに映ってる距離が短いのであまり回転してるように見えないかもしれません。
どちらかというと失投レベルです。
でもまぁ色を塗ったボールがアレしかなかったので今回はやむ終えず。

次回はちゃんとした試合球に色を塗って撮影に挑戦したいと思います。
イライラ
今日は久しぶりに動画を撮った。
と言っても珍しい動画でもなく、昔撮ったスロー動画を撮り直した感じ。
投げたボールがツルツルしてるやつで投げにくかった。
速度も70キロくらいしか出てないと思う。
何度か撮影者のマッスルにぶつけてしまったし(笑)
ツルツルが災いしてすっぽ抜けた!

で、UPしようとしてるんだけどさっきからずっとメンテナンス中。
一体いつまでメンテナンスをしてるんだよ~_| ̄|○
ただいまメンテ終了まち


今度は背後から80キロ後半くらいのナックルを撮ってみたい。
実際の18.44mで。


しかし今回もそうだけどナックルの変化自体はカメラには映りません(笑)

新しいボール
ライトフライトマシンを使ってのバッティング練習。
今まではこのボールを使っていた

軽くて遠くまで飛ばないので狭いところでも大丈夫。
しかしボールの軌道が軽いボール特有の伸びてくるような軌道で
打つ手前で急速な減速をする。
わかりやすく言えばピンポン球がでかくなったような。

そして今回、室内に移ったと言うことで

このボールに変更しようと思って注文した。
仲間でウレタンが詰まっている。減速も普通だし、野球のボールに非常に近くなる。

これからが楽しみだ!
笑い事ではなく
今日の朝いつものように仕事が始まる。
年配の職人が話しかけてくる。
普段から聞きづらい声の質なのだが、今日は特に聞きづらかった。
え?え?なに?と何度も聞き直した。

「え?何言ってるか分からない。入れ歯を上下間違えて入れてるんじゃないの?(笑) 」とか。
そんなことを言ってたんだけど、マジでおかしいことになってきた。

よく耳を澄まして聞いてみると「タ行」「ラ行」が言えてない。
舌がうまく動いていない。
完全にろれつが回ってない状態だ。

周りの人も本人も
「そのうち治る」とか「パチンコの行き過ぎ」とかあまり気にしていない様子。
でも僕の予想は「脳梗塞の前触れ」
以前にも左手が朝からしびれるとか言ってたし。
ちょっと普通じゃない状況なのでここは息子に電話した方がいいんじゃないのかと。

幸いにも息子が病院に勤務しているのでうちの親父がすぐさま電話。
9時になったら医者が来ると言うことなので仕事が一段落した9時過ぎに病院へ。


そして昼前に帰ってきた。
入院じゃなかったのか~と思っていたら
行った病院にあるCTでは原因が分からなかったので
大きな病院に行ってMRIを撮って調べた方がいいとのこと。
15時から予約を入れていたので、すぐまた病院へ。


で、17時前に帰ってきたのだが、その手には「入院について」みたいな紙が!
どうなった?診断結果は!!!?
と聞くのだが未だにろれつが回ってない。
さらに顔面の右半分が引きつったような感じになっている。
MRIでの診断結果は脳に影があり脳梗塞の疑いがあるとのこと。

うーむ。早期発見となったのかな。
とりあえずゆっくり休んで元気になることを願う。

朝、ろれつが回らない事をただの笑い話にして、放っておいたら今頃手遅れになっていたかもしれないと考えるとちょっと怖い。

試合後2日目
試合の筋肉痛がとれない。
昨夜は筋肉痛のせいで寝られなかったし(笑)

試合当日の日記を少し読んでちょっと間違ってた。
>先頭打者を何とか打ち取って
と書いたが、実際はエラーだった(笑)
内野ゴロを打って、ファーストに送球した時に足がベースから離れた。
取ってから離れたのか、取る時に離れたのか微妙な感じがしたけど
勢いのままアウトの判定。

しかしこの先頭打者の彼はすげー。
ハマオの同級生なのだが、中学時代に全国制覇をしている。
高校は玉野光南の体育科で僕の後輩にあたるが、甲子園まで後一歩のところまでいってる。

スラッガータイプではないがバットコントロールと足の速さが異常だ(笑)
普通にゴロに打ち取ってもファーストでアウトが取れない勢い。
ピッチャーとしても野手としても非常にやりづらい。
塁に出れば当然のように盗塁。
そして彼のプレーは常に全力。
そんなところは敵の選手ながら好感が持てる。
少々うまくても手抜きや、気の抜けたプレーをする人は気分が悪いからね。


で、2試合目。
助っ人の「アップ」(ウォーミングアップが尋常ではないためにこのあだ名(笑)
その彼がピッチャーをした。いや、助っ人と言ってももうチームに登録したから
助っ人ではないな。今度ユニフォームを渡しておこう。
彼のピッチングの特徴は「崩れない」コレに尽きる。
コントロールも良くテンポがいい。

その彼が今回新しい動きを見せた。
ゆったりしたフォームから緩いボールを投げてみたり
素早い動作からストレートを投げたりしていた。
これは僕もキャッチボールの時とかに試していたこともあるのだが
いざ試合になると「無回転」の3文字が頭から離れないためになかなか思い出せない(笑)
それを彼がしているのを見て
「おー!そうだったよ!」と。

いいところはどんどん盗むよ!!(笑)

頼むから明日は筋肉痛がとれてくれ~
なんにも練習が出来ない・・・。
天敵
この前の試合の続き。

仕事を午前中に片づけて午後からの仕事を切り上げ
半ば強引に強行した土曜日の試合。

必死に仕事を片づけている時、ドアや窓がガタガタと音を立てていた。
「お!風か!?風が強いのか??」


そして球場に到着後その風が「追い風」だと知る…(涙)

もったいない!しかもなんで追い風ばかりなんだよ!!
風が吹いてて向かい風だったという記憶があまりない。
追い風はけっこうあるのになぁ~

が、しかし追い風でこの結果ならというのを加味して今回は合格点ということ。
今後が楽しみでもある。
ちなみに次は9日の日曜日。

初回の攻撃でマッスルがまたもやチョンボを犯す。
結果的には良かったのだが、今後のためにここはしっかりと復習しておきたい場面。

内野エラーでセカンドまで進み、僕は送りバントで1アウトランナー3塁の場面。

タッチアップまであるこの場面で、次の打者「平賀圭」競艇選手!
見事にセカンドの頭を越える右中間へのヒット。
しかし打った瞬間マッスルは打球を見てホーム側へ2歩ほど進んでいた。
これはイケナイ。

ピッチャーの頭より高くボールが上がれば、戻らないといけない。
この動作は「本塁へ帰ると得点」という思考とは逆の動きをしなくてはいけないので
何度も練習するか、フライが上がったらどうするべきなのかと言うことを頭でしっかりと理解していなくては出来ない行動だ。


もう一つ自分のピッチングの内容に目を向けてみると
ストレートのコントロール。特に高めに浮いてしまうことが多かった。
力むと言うこともあるのだろうが、ナックルを投げていて急に投げるストレートのフォームに体がついていけていないよう感じがあった。
このあたりは試合をこなしながら自分で「コツ」を見つける必要がありそうだ。

ちなみに今日は全身筋肉痛で死にそう…
試合結果
1試合目 1-1の同点
2試合目 1ー3で負け

うーむ。上出来上出来!

まず1試合目。
ナックルの感じもそこそこの状態。
実戦のマウンドで投げるナックルは実に久しぶり。
期待と不安と入り交じる中、試合開始。
キャッチボールでは目一杯投げられるが、試合ではそうはいかない。
コントロール重視で投げなくてはいけない。
ただ、今回の新しいリリースのおかげで今まで投げていたナックルよりも平均速度で5キロほどは上がってるはず!?(笑)

初回先頭打者を何とかアウトにして2番バッターに投げたナックル。
リリースの瞬間いい感じの手応えがあって、ボールもうねる変化をした。
しかしライトオーバーの3塁打。
おい!アレを打つのかよ!ってびっくりした(笑)
そして内野ゴロの間に1点取られる。
結果的にはこの1点だけで抑えることが出来たのは十分な内容。
四球がゼロというのが収穫。死球が1つあったけど…

それでも回を投げるゴトに指先の感覚が鈍る。
5回の守りの時だった。
投球練習で投げたナックル3球が3球とも激しく回転。
これはマズイと判断してこの回はナックル無しで凌ぐ。
無回転になるかならないのか分からない状態で投げるのはリスクが高い。

5回終了後にキャッチボールをして感覚を取り戻し、7回を投げきった。

試合開始前に相手チームから声が聞こえたような気がした。
ナックルを投げる…むにゃむにゃ…とか聞こえたので、もうすでにうちのチーム=ナックルボーラーという事を認識してもらえたのだろうか?(笑)
助っ人も何人かいた様子で
ナックルって聞いてたけど…もっと遅い球かと思ってた…むにゃむにゃ…とか
確かにそうかもしれない。
もし僕が相手チームにナックルを投げるピッチャーがいると聞いていた場合
自分よりもっと遅い球を想像していただろうし。

本当はもっと速いナックルを投げたかったのだが
試合開始してすぐに中指の爪に負担を感じてしまった。
少し前なら普通に感じている負担なのだろうが、新しいリリースでは全く感じていなかっただけに
ちょっと不安になって安全策をとって80%くらいで投げた。

まだまだ今シーズンは始まったばかり。
これからこれから!
まずはいいスタートが切れたと思っていいだろう。

ちなみに今日1つ試してみたかったことが試合以外であった。
2年ほど前だったかな?ナックルメインで始めて試合をした事があった。
その時にキャッチャーをしてくれた人がいるのだけど
その人は小学時代から高校(硬式野球部)までずっとキャッチャー一筋の本職。
あのころのナックルはまだまだ甘くてとてもナックルとは言えるものではなかった。
ただ無回転で投げていただけというだけのスローボール状態だったと思う。

その時は多少は受けづらそうにしてはいたが、捕れないと言うことはなかった。
で、今日試合の助っ人に来てくれてファーストを守ってもらっていたのだけど
その人とキャッチボールをしてみたかったのだ。

捕ることが出来なければ僕自身のナックルが上達している証拠だし
なにより本職のキャッチャーが捕れないと言う自信もつくし(笑)
で、投げられなくなった5回の守備が済んでからキャッチボールを申し出た。
快く引き受けてくれていざキャッチボール開始。

無回転をどんどん投げ込む!
捕れない!弾く!土手に当たる!体が仰け反る!目を丸くする!(笑)

よっしゃーーー!!

満足しました(笑)
でももっともっと磨きをかけていくぞぉ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。