揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投球内容
試合後はナックル主体でいったせいもあり肩の疲労感は全くなかった。
次の日の肘の具合の方が気になっていた。
そして1日明けて今日。

肩も肘も痛い(笑)
ほとんどボールを投げていなかった期間が長くて
肩が思いっきり筋肉痛になってる。

さて昨日の投球内容

1回
1番ファーストフライ
2番ショートエラー
3番キャッチャーフライ
4番三振

2回
5番センター前ポテンヒット
6番三振
7番ピッチャーフライ
8番三振

3回
9番サードゴロ
1番セカンドエラー
2番ショートライナーゲッツー

4回
3番ピッチャーゴロ
4番ショートゴロ
5番レフト前ヒット
6番ショートフライ

5回
7番ファーストフライ
8番死球
9番四球
1番三振
2番レフト前ヒット(打点1)
(ランナー1,3塁で1塁走者が送球アウト)

6回
3番三振
4番サードフライ
5番サードゴロ

7回
6番四球
時間切れ

81球
被安打3 失点1 四死球3
ストライク51 ボール30

自分0000010
相手000010X(7回時間切れ)



やたらとフライが多かった印象。
サードゴロをもっと打たすような感じだと良い感じかな。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。