揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合速報
1-1の同点で
9人でじゃんけんとなりました。

相手○○×○×○×××
自分××○×○×○○○

最後に奇跡の3連勝で勝ちました(笑)

ナックル主体で投げた。
テーピングをきつく巻きすぎて投げづらかった(笑)
テープがずれて肘が痛くなると元も子もないので。

で、朝一番のキャッチボールで
「これはやばいな。痛くはないけど非常に投げづらい」と

肘がうまく曲がらないのでコントロールがどうなるか不安。
とりあえず曲がらないものとして修正していくしかない。

結果四球2つ死球1つ
まぁこんなもんでしょ。

さて、明日の新聞に今日の試合結果が載るのだけど
「ナックル」という単語があるかないか(笑)
試合中もうちの親父が「今のナックルは打てない!」とかしつこく言ってたし、相手チームもナックルだと分かっていたし。
球審の人も試合が終わって
「面白いボール投げるね」と言っていたからナックルだとは分かっていたと思う。

問題は記者だね。
女性だったから分からないかも?(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。