揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キネシオテープ
20070702b.jpg20070702a.jpg

こんな感じでテープを貼る。
リリース時肘が伸びきった時に後方へ肘が行かないようにしてる
まぁ、これだけでは役に立たないのだが、どういう貼り方なのかわかりやすくするためにキネシオテープのみの画像をと。
基本はこの形で、テーピングも貼っていく。
この貼り方なら腕を伸ばしても違和感がない。

今日もどの貼り方が一番良いのかを探っていた。
しかし問題が。
これ、汗をかくとテープが取れやすいね。
ただでさえ僕は肘から手首にかけて汗をかく体質。

これは皮膚圧反射を活用するべきか?
人は圧迫された部分には汗をかかないという特性がある。
顔に汗をかく人は胸の部分を圧迫すれば下半身に汗をかく。
しかしどうやって活用すればいいのか分からない(笑)
肘のサポーターでも巻いていればいいのかな。

ちなみに肘の違和感も消えないが、かぶれも治らない(笑)
まだ痒くないからいいけど…


とにかくもう試合まではボールは投げない。
痛いかどうかも確認しない。

サロメチールを塗ったら目がチカチカしてきた(笑)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。