揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投球内容
スコアブックをみると昨日書いたことに少々違いがあった(笑)

1回
Pゴロ
三振
三振

2回
ショートゴロ
ファーストゴロ
サードゴロ

3回
サードエラー
サードゴロ
サードゴロ
サードゴロ

4回
三振(振り逃げ)
Pゴロ
センター前ヒット
センター前ヒット
サードゴロ
三振

5回
ファーストエラー
サードゴロ
三振
センターフライ

6回
Pゴロ
Pゴロ
三振

試合は6回までだったのでこれで終わり

やはりナックルでどれだけストライクが取れるのかが重要なポイントとなる。
ボールが回転してしまう失投はしょうがない。たまにはある。
感覚的に回転してしまったボールは8~10球に1球ほどじゃないかなと。

無回転だが全く変化しないボールは3~5球に1球くらい
おぞましい変化は7~8球に1球くらい

あとは細かい変化でバットの芯を外すような感じ。
それと投げてて思ったのは、ただ落ちるだけの変化はバットにうまく当てられるし、長打に繋がる可能性が高い。
左右どちらかにスッと曲がるような変化はバットに当てづらいようだ。
特にシュート側に少し曲がる球は良く空振りをとれた。

しかし当然の事ながら投げてみないことには分からない。
が、この変化を操れるようになれるとは思えない。

それともう一つ。
ブルペンやキャッチボールのような変化のナックルは試合ではまだ無理。
どうしてもコントロール重視になってしまうので球速はマイナス10キロくらいになってしまう。
まぁ追い込んで三振を取ろうと言う時に思い切って投げる程度。



わかりやすいのはピッチャーゴロ、サードゴロが多いと調子が良いというバロメーター。
試合で投げるといくつも気が付くことがある。
ナックルボーラーを目指している人にとっては生の声なので、いい体験談になると思う。これからも気が付いたことはどんどん書いていこうと思う。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。