揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピッチング内容
朝の日記の訂正

スコアブック
相手0000100 1
自分300100X 4
でした。
まぁあまり変わらないけど。

相手の打撃成績
1回
1番三振
2番中安
3番一塁ゴロ
4番セカンドエラー
5番三振

2回
6番ピッチャーゴロ
7番右安
8番死球
9番三振
1番ショートゴロ

3回
2番サードゴロ
3番三振
4番サードゴロ

4回
5番三振
6番4安
7番右安
8番三振
9番ピッチャーフライ

5回
1番ピッチャーゴロ
2番打撃妨害
3番中安
4番センターフライ
5番サードゴロ

6回
6番ファーストゴロ
7番セカンドゴロ
8番三振

7回
9番右安
1番四球
2番三振
3番セカンドライナーゲッツー

投球数は109球(ボールが多かったなぁ)

要所要所は押さえているが、ここ3試合どうしても完封がない(笑)
まぁ、良いんだけど。
それよりも課題は7回のピッチング。
完全に握力不足。指先の感覚が無くなってきてた。
ナックルの投げすぎではない。ストレートの投げすぎだ。
といっても通常のピッチャーよりもストレートの割合は少ないはず。
それでも握力がなくなるというのだから…うぅ
握力の筋持久力を付けなければいけないな。


それにしても4回裏に取った1点が大きかった。
あの1点で気分が楽になって勝てたように思う。
マッスルが2塁打を打ち、バントで送って1アウト3塁
バッターハマオ!
ボテボテのゴロで1点取れれば御の字と思っていたら

レフト前にクリーンヒット!
これが大きかった。
日頃の練習の成果が出た嬉しい瞬間。


しかし試合途中でハマオがファーストベースを踏み損ねて足首を捻挫した。
軽傷らしいが今度の試合までには治さなくてはいけない。
捻挫といえばRICE処方。
「ハマオ。RICE処方は知ってるか?」
といっても当然のように知らず。ご飯か何かそんなことだと思っていたらしい(笑)


スポンサーサイト
早朝野球1試合目の結果
相手0000010
自分300010X

勝ちました。

まずナックルの調子は今ひとつ。
逆光でボールの回転が分からない。
自分で確認できないので調整のしようがない。
マッスルに言わせるといい感じで無回転になっていたという。
審判の人も揺れてると分かったらしい。
相手チームは誰一人ナックルに気がつかなかった様子

ただベンチからは「変な球」という表現を使っていた。


何とか点を取られないように頑張って投げた。
ランナーがいないときはナックル主体でいったのだが
ランナーが出るとナックルをあまり投げず。
よく考えればセットポジションからのナックルをあまり実戦で投げてなかった。

下位打者に対しては安全策でストレートで押した。
変化しないナックルをヒットに打たれるという場面が何度かあったし

内容的にはあまり会心の出来ではなかったが
勝ったからよしとしよう。公式戦だしね。


まだまだいろんな出来事があったんだけど、それは後日。
乱闘騒ぎになりそうになったし(笑)

次の公式戦(早朝)は6/6日
主力が一人抜けるのでピンチだ。
でも今度のグランドはボールの回転が見えると思うので
今度こそナックルで抑えたい。
いざ出発
寝たような寝てないような…
でも寝たはずなので大丈夫だろうと。
起きたのは3時

さぁ!今から試合会場に向かいます!
頑張ってきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。