揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
比較
さて、昨日更新した動画を見て気がついた方もいるようです。

投げ方をストレートに近づけています。
結局無回転を投げるためにはいろんな投げ方がありますが、無回転にする特有の投げ方をしなければいけなくなります。
しかし極論を言えばストレートと同じ投げ方の方が便利です。

ナックルの投げ方でストレートは投げられますが、元の投げ方よりも速度もコントロールも落ちます。
逆に同じならば元々持ってる速度のストレートが投げられます。
そして一番の利点は
球速があるナックルを投げられると言うことだと思います。

ナックルを練習し続けて、いざ本番で投げてみたり、キャッチボールをしていくうちに、自分に足りないものに気がつきます。
素人が必ずぶち当たる「球速」です。

そこでまず自分の持ってる無回転にする技術を半分くらい捨てて
まずは球速ありきで練習をしていた時期もありました。

球速が出なければ無回転になっても意味がありませんから。

そして今は偶然にもほぼストレートと同じ投げ方でナックルが投げられるようになってきました。
全身を使いボールを投げられるので球速も稼げます。

以前の動画と見比べてみれば一目瞭然です。


これが手投げのようなやつで60キロくらいしか出ていません。


これは80キロくらい出ていますが、完全に腕だけを速く振って投げています。無理がありますし、疲れます。コントロールもままなりません



昨日の不調を取り戻すべく今日少し投げたら、とてもいい感じ。
しkさい中指の爪あたりに嫌な違和感。
爪が折れそうな感じがする。
でもこの感覚は以前にもあって、爪が張り付いている皮膚の部分が少し取れたような。
爪の間に何かが入って、「痛い!」ってなるような感じ。

しばらく投げるのはやめます。
とりあえず感じもよかったので、実戦まで投げなくても大丈夫だという自信もありますし。

とりあえずはこの違和感を早く無くす事。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。