揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶好調!
今日は助っ人での試合。

しかし調子に乗って昨日ボールを投げすぎたために肩にハリが…(笑)

しかも昨日の調子の悪さからして今日の不安も隠せない。


が、1つだけ明るい兆しがあった。
握りの位置を変えた。
今までは
20070513a.jpg

この位置に二本指を立ててた

そして好感触だったのがこっちの位置
20070513b.jpg

きのうキャッチボールしたちたたさんが昔この位置で握っていた記憶があったので、やってみたらいい感じだったというわけ。


そして第一試合目
すごく良い感じだ。審判も判定に苦労している(笑)
4回で時間切れとなってしまった(味方が打ちまくった)
それでも4回をノーヒットに抑える。1点は取られたけど。

そして1試合を挟んで次の試合も投げることとなった。
4回までだったしナックル主体だったのでそれほど疲労感もなかった。

強烈な追い風というかなり厳しいコンディションだったが
4回までパーフェクト。
5回にエラーが絡み1点取られたけど、6回で時間切れ終了。
この試合もノーヒットに抑える(笑)

2試合連続ノーヒット達成!

まさに絶好調。
ナックルの比率も非常に高かった。
1イニング全部ナックルというのも何度もあったし。

無回転率が非常に高く、自分でも驚きの内容。
まさにナックルボーラーの気分だった。

キャッチャーをしたマッスルから聞いた話

バッター「なんだよこの球は!」という人が何人もいたという(笑)
さすがに無回転の球は打ちにくいだろう。
変化の度合いで言うと1試合目の方が風向きが良かったので良い変化をしていた。

うわ!今のはバッターがかわいそうだな!!
という変化もあったし。

試合終了後相手チームからも
「すごいですね!!ナックルですか?」と声もかけられた。


今までコツコツと練習を積み重ねてきた結果が出たという嬉しさがこみ上げる。

2試合で四球が1つ死球が1つ
死球はランナーが出て、球にストレート主体に切り替えた時に身体がうまく対応できずに四球となった。
死球の方はナックルが軽くすっぽ抜けて当たってしまった。
やはりコントロールがいいと内容も良くなるのがナックルボーラーの特徴だと思う。


今日くらいは自己満足に浸っていたい(笑)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。