揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特待生制度
問題になってますね。
300校を超える数の高校で特待生制度があったとか。
ここまで来ると「なんでいまさら?」となりますね。
しかもなぜ野球だけ特待生制度を禁止しているのか。

ここからは個人的な考え

今の世の中の風潮で
格差があってはならない。みんな平等という流れがあるように思う。
これじゃダメなんだよ。
競争社会の中でいかに自分の力を出すか
他人にない力をどれだけ活用できるか
運動会も順位をつけないとかそんなんでは競争力の世の中では勝ち残れない。

平等という考えは底辺での平等を意味する。
努力しても無駄なら努力せず、みんな能力のない人間ばかりになってしまう。

他人より上手になろう!もっと上を目指そうという考えをもっと大事にしてもらいたい。
企業も、他社よりすぐれたものを作ろうとするから利益が出る。
社会に出ればもう競争そのものの中に入っていく。
そんな中で生き残るためには競争に勝たなくてはいけない。
勝つためにはどうすればいいのかという考えを小さいうちから養っていくためにも「みんな平等」という考えは無くした方が良い。

高校野球は教育という考えがある。
では教育とはなんなのか?
社会に出るまでの準備期間ではないのか?
社会に出て通用する人間を作るためには平等ではダメだ。

特待生制度どころではなく野球の技術に長けた生徒に対してはもっともっと優遇をしても良いくらいだ。

競争する。勝てば褒美がもらえる。
だから勝とうと努力する。もっと勝つにはどうしたらいいのか考える
ごく自然な流れだ。昔から人類がたどってきた道だ。


今日の一言
TVを見てて気が付いた。
昔はもっと「お菓子」のCMがあったが、最近見たことがない。
有名どころではポテトチップスとかポッキーとかコアラのマーチとか(笑)
全く見かけなくなってしまった。何かあったのだろうか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。