揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイドスローから
前回の試合でサイドスローのストレートにキレがあった。
密かに練習をしていて、時折投げる。
バッターの目先を変える意味もあるし、サイドスローを投げるということで自分へのリラックス効果もある。
気持ち的に追い込まれて手はサイドスローから投げようという考えも浮かばなくなるしね。

しかしサイドスローで変化球が投げられない。
外角へ流れるようなスライダーとか魅力的なのだが、どうしてもうまく行かない。
ま、初めて間もないのでただの研究不足と言うこともあるが。
そこでサイドスローからストレート一本では打たれてしまうので
サイドスローからのナックルも投げた。
これが意外にも良い感じで、上手くタイミングを外せた。

ちなみに上から投げるよりもサイドから投げたナックルの方が妙な変化をしてくれる。
マッスルも非常に捕りづらそうにしているのが分かる。
調子が良い時はサイドスローでも無回転が作り出せるが、これまた難しい。

そして今日の練習ではサイドスローから無回転が投げられて、上からでは投げられないとい現象に見舞われた。
なぜだろう?何が影響しているのだろうか?

こういう時には何かといいひらめきがあったりするもので
次へのステップや、技術の上積みが期待できる。


で、今回感じたのは、テイクバックの時に少し上体を倒す。
サイドスローやアンダースローの時のテイクバックでは上体はかなり前に倒す。
自分のへそを見るくらいに(大袈裟に言うとね)

その感覚で、ほんの気持ちだけ上体を倒すことで良い感覚を得た。
これが今日だけなのか明日からもずっとなのかは不明。

たとえこの感覚が今日だけだったとしても「なーんだ」で済むことではない。
これから先何度も投げられなくなる時が訪れるだろう。
その時のピンチ脱出のカギがこういうところにあるのだ。

なぜだ!なぜ投げられない!???と落ち込んでる時に

「確かこんな感覚が昔あったな!!!」ということは今までで何度もあったから。


そろそろ花粉症の症状が無くなってきた感じ。
もう少しで完全復活するだろう。
GW明けにはランニングをするとしよう。うんうん


今日の一言
ハマオがまだ散髪に行かない…
ただ眉毛を以前からかなり細くしていたのだが、ここ最近普通に戻ってきてる(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。