揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔球!?
ボールを握った時にボールの重心がどこにあるのか?
これに意識を集中すればうまくいく。

その重心さえ真っ直ぐ押せばボールは回転しない。
比較的好調なこの時期に「もしかしたら?」
と思って硬式ボールで試してみた。
今まで何度も挑戦したが硬式は投げられなかった。

しかし今日は投げられたよ(笑)
もう少し球速を上げると良い変化をしそうだ!
今日は帰る間際に10数球投げただけなのでハッキリとは分からないけど。


硬式で投げられれば軟式でも投げられるだろ!(笑)
少し重いボールで練習してれば技術も上がるかな?なんて


コメントにナックルは魔球なのかどうなのか?と言う話があったので
こちらに自分の考えを書こうと思います。
まず魔球というのは抽象的すぎて何を指すのか?というのは個人個人違うでしょう。
でもまぁここは野球の話ですので
魔球=バッターが打てない
という感じで言いと思います。
打てない球として剛速球がありますが、ここでいう魔球は別物でしょうね。
戦士と魔法使いみたいな区分けで
戦士=ストレート
魔法使い=変化球
これでいいと思います。

ですので魔球=バッターが打てない変化球ということですね。

来るのが分かってても打てないと言うことからして魔球はナックルと言うことだと思います。

そこでなぜナックルが打てないのか?という事になります。
右に曲がるか左に曲がるか分からないからではありません。
揺れるからでもありません。

このブログでは何度も触れてきましたが
ナックルの変化というのは一定ではない。これがポイントです。

バッターというのはボールの軌道を見て、その先の軌道を予測し
手元に来る時はここにボールがあるだろうという予測を立ててバットを振ります。

カーブなどは一定の変化をしてくるのでボールの予測は立てやすくなります。

一方のナックルは、ある程度までは真っ直ぐ飛んできます。

バッターには予測できる最終地点と言うものがあり、これを過ぎてからの変化には対応できません
その手前から曲がってくる一般的な変化球にはミートポイントでの予測が可能ですので打つことが出来ます。

ナックルはそのポイントを過ぎてから変化をし始めるのです。

バッターにとってはまさに消える魔球と言える球です
あると思った場所にボールがないのですから。


ナックルの最大の武器は変化が2回起きたり3回起きたりするのではなく
いかにこの最終地点を過ぎてから変化を起こせるか?と言うことになります。

ですから僕はナックルの変化は1回でも十分だと思ってます。

そしてこの最終地点を過ぎてからの変化に必要なものは

「球速」です

球速がなければ最終地点より手前から緩やかな変化をしてしまい
バッターにとらえられますし、キャッチボールをしてて相手も簡単に捕ることが出来ます。


魔球という話からものすごくそれてしまいましたが
ま、いいか?(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。