揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普及しないわけ
他の球種に比べてナックルが普及しない理由。

まず投げることが難しい。これが一番なのだが他にもいろいろとある

カーブやスライダーは試合の途中途中で試せたりできる。
その点ナックルというのはいきなり投げて試すのは非常に難しい。
全く違う感覚で投げるのだからコントロールも付かないし、肝心の無回転にならない可能性が高い。

試合の途中で無回転を調整して行くのは厳しい。
無回転になるまでは棒球を投げ続けることになってしまう。

最初からナックル主体の組み立てなら問題ないが
そこまで上達するまでは何度も試合で「投げては失敗」を繰り返さないといけない。
しかもナックルが投げられたからといって勝てると言うこともない。
無回転が投げられれば勝率100%ならいいが実際はそんなことはない

そもそも野球はトーナメント方式が多い
一発勝負の時にナックルボーラーは使いづらい。


そこまでしてなぜナックルを投げようとするのか?


あの変化の魅力を知ってしまったらなかなか抜け出せないのよね(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。