揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜の結果
日曜日に試合がありました。
人数が足りないと言うことでシュガー(砂糖屋)に助っ人を頼んだのだが、連絡網のタイムラグで人数オーバーに。
シュガーには申し訳ないが今回は助っ人なしと言うことになってしまいました。
ここを見ていると思われるシュガーさん。申し訳ありませんでした。


さて、試合の話。
初顔あわせの相手。
強いのかどうか全く分からない。
しかしここ最近ピッチングの調子が良いので何とかなるだろうと思っていた。
ナックルもそこそこ感じも良いし。今日は練習試合なのでいろいろ試してみようと。

自分0000201
相手0000000

いきなりの結果だけど、今期初完封!(3被安打)
完封は通算2度目の快挙!

ピッチング内容はすこぶる良かったし守備も失策1と上出来!
しかし相手チームなんかすごく強かったんですけど…
ナックルで追い込んで速球を投げてもキッチリ合わせてくる。
振り遅れない。
バットスイングも速い。

これはまずいな…と思いながらどうにかこうにか凌いだ。
スライダーを外角に投げ込み、ストレートもコーナーギリギリを攻める。
ナックル自体の出来はあまりよく無かったが緩急でかわす。
1球たりとも失投が許されないと言う状況だった。

そしてあれよあれよという間に完封勝利となったのだが
後で相手に聞いたところ
全軟(全日本軟式野球連盟)のB級のチームと分かる。

おいおいおい!
そんなの聞いてないよ!?
全軟だって?しかもB級ってなんだよ!!
こっちは3部で1回戦負けだよ?(笑)

でも完封で勝ってしまいました(笑)
まさに大金星!

マッスルの配球もなかなか良かったし。
ナックルのコントロールもまぁまぁそこそこ。
少しずつではあるがピッチャーとしてのレベルが上がってきたような感じ。
これでナックルの無回転率が上がってきたらもう大満足なのだが
そこはまだまだ課題が残る。

現状に満足せずにもっともっと上を目指す!!

スポンサーサイト
ショック!
今日から新しい液晶モニタに買い換えた。
20.1型の大きな画面!

さぞかし良い見栄えなんだろうと朝録画したウェイクフィールドの試合を見ようとした。


しかーーし!
なぜか録画が失敗している!
ファイル自体は3.5ギガとしてあるのだが再生されない。
最悪だよ…

テンション下がりまくり…
フェルナンデスが好投
広島のフェルナンデスが好投した様子。
いいね~
全然見てないけど(笑)

でもこういう事を重ねていくと、日本人にも
「むむむ?ナックルってなに?」と思う人も増えてくるだろう。
そして巨人の前田が投げるナックルとは本当のナックルじゃないと言うことに気が付くだろう。うんうん

投げたボールが回転していないという摩訶不思議なボール。
そんなボールを一体どうやって投げるんだ?
それはどんな変化をするんだ?
という好奇心がどんどん日本人にも芽生えて欲しい。

今日のフェルナンデスの好投で少しこのブログもアクセスが多いような気もするし。
多いと言うことはナックルに興味がある人がいると言うこと。


さて明日はウェイクフィールドが登板予定なのでばっちり予約をしている。
後は雨が心配だけど…
ナックルボーラーを目指している人は是非見て参考にするといい
技術的なことから精神的なことまでいろんな事を吸収できるかもしれない。


魔球!?
ボールを握った時にボールの重心がどこにあるのか?
これに意識を集中すればうまくいく。

その重心さえ真っ直ぐ押せばボールは回転しない。
比較的好調なこの時期に「もしかしたら?」
と思って硬式ボールで試してみた。
今まで何度も挑戦したが硬式は投げられなかった。

しかし今日は投げられたよ(笑)
もう少し球速を上げると良い変化をしそうだ!
今日は帰る間際に10数球投げただけなのでハッキリとは分からないけど。


硬式で投げられれば軟式でも投げられるだろ!(笑)
少し重いボールで練習してれば技術も上がるかな?なんて


コメントにナックルは魔球なのかどうなのか?と言う話があったので
こちらに自分の考えを書こうと思います。
まず魔球というのは抽象的すぎて何を指すのか?というのは個人個人違うでしょう。
でもまぁここは野球の話ですので
魔球=バッターが打てない
という感じで言いと思います。
打てない球として剛速球がありますが、ここでいう魔球は別物でしょうね。
戦士と魔法使いみたいな区分けで
戦士=ストレート
魔法使い=変化球
これでいいと思います。

ですので魔球=バッターが打てない変化球ということですね。

来るのが分かってても打てないと言うことからして魔球はナックルと言うことだと思います。

そこでなぜナックルが打てないのか?という事になります。
右に曲がるか左に曲がるか分からないからではありません。
揺れるからでもありません。

このブログでは何度も触れてきましたが
ナックルの変化というのは一定ではない。これがポイントです。

バッターというのはボールの軌道を見て、その先の軌道を予測し
手元に来る時はここにボールがあるだろうという予測を立ててバットを振ります。

カーブなどは一定の変化をしてくるのでボールの予測は立てやすくなります。

一方のナックルは、ある程度までは真っ直ぐ飛んできます。

バッターには予測できる最終地点と言うものがあり、これを過ぎてからの変化には対応できません
その手前から曲がってくる一般的な変化球にはミートポイントでの予測が可能ですので打つことが出来ます。

ナックルはそのポイントを過ぎてから変化をし始めるのです。

バッターにとってはまさに消える魔球と言える球です
あると思った場所にボールがないのですから。


ナックルの最大の武器は変化が2回起きたり3回起きたりするのではなく
いかにこの最終地点を過ぎてから変化を起こせるか?と言うことになります。

ですから僕はナックルの変化は1回でも十分だと思ってます。

そしてこの最終地点を過ぎてからの変化に必要なものは

「球速」です

球速がなければ最終地点より手前から緩やかな変化をしてしまい
バッターにとらえられますし、キャッチボールをしてて相手も簡単に捕ることが出来ます。


魔球という話からものすごくそれてしまいましたが
ま、いいか?(笑)


普及しないわけ
他の球種に比べてナックルが普及しない理由。

まず投げることが難しい。これが一番なのだが他にもいろいろとある

カーブやスライダーは試合の途中途中で試せたりできる。
その点ナックルというのはいきなり投げて試すのは非常に難しい。
全く違う感覚で投げるのだからコントロールも付かないし、肝心の無回転にならない可能性が高い。

試合の途中で無回転を調整して行くのは厳しい。
無回転になるまでは棒球を投げ続けることになってしまう。

最初からナックル主体の組み立てなら問題ないが
そこまで上達するまでは何度も試合で「投げては失敗」を繰り返さないといけない。
しかもナックルが投げられたからといって勝てると言うこともない。
無回転が投げられれば勝率100%ならいいが実際はそんなことはない

そもそも野球はトーナメント方式が多い
一発勝負の時にナックルボーラーは使いづらい。


そこまでしてなぜナックルを投げようとするのか?


あの変化の魅力を知ってしまったらなかなか抜け出せないのよね(笑)


改善策を見つける
ここのところボールが回転している。
なぜだろうか?
ボールの重心を押せてない感じが非常に伝わってくる。
どうしたものか…

といろいろと試行錯誤をしていてふと試した握りがしっくりきた。
いかにもボールの重心を押せてる感じがする。

20070424b.jpg20070424a.jpg

左が従来で右が今回。
今まではしっかり握ることによってブレを無くしていたが
そのせいで親指の付け根とか手のひらとか、いろんな部分がボールに接触しており、その部分がリリースの瞬間ボールの重心を押すという行為の妨げになっていた。
そして今回は浅く握ってみた。指以外にほとんどボールに干渉しない握りだ。

今まで何度もこれを試してきては没になると言う繰り返し。
しかし今回は親指と小指でしっかり握ってブレを無くしてみた。
昔と今とでは腕の振り方も違うし、リリースの感じも違う。
何ヶ月かの時を経てこの握りでも問題なく投げられるようになっている。

いける!
これで無回転連続だよ!
後はこの握りで微調整をしながら練習を重ねていく。
コントロールも今まで通り問題ないし、球速も思ったより出る。

あぁ~次の試合で早く試したい(笑)
疲れた
日曜日は2試合をこなし、非常に疲れた~
2試合目は5回くらいまで投げたのかな。
ナックルを投げようにも雨の日だったせいで(?)投げられない(笑)
その代わり通常のピッチングはかなりよかった。
なんと言ってもコントロールがよかったのがいいね~

後は何とかして無回転のボールを投げること。
とにかく練習するしかない。

そういえばフェルナンデスが好投したらしい。
Yahoo!の実況ニュースを振り返ってみてみると
特殊球ばかりが並ぶ。
3回くらいまでしか見てないけど1球カーブとなっていたが
それ以外は全部ナックルだった。
非常にナックル率が高い内容だった。
ナックルボーラーがナックルの率が高くなると言うことは
ナックルに頼っている。ナックルが頼れる状態なので非常にいい。
コントロールも安定しているからストレートでカウントを取りに行かざるを得なくなることも少なくて済む。
結果、内容的にも非常に良いものだった。

あと高めに行っていたのは
伸びるボールが多かったせいか、それともただ単に高めに行っただけなのかはよく分からないけど
あの伸びてくるようなナックルは打ちづらいように思うけどどうなんだろうね~

これでフェルナンデスは良い時と悪い時の差が首脳陣にもハッキリ分かった感じだろう。
今回みたいな調子でストライクをどんどんとっていければ勝機は見えてくる。
ストライクを取ってくるナックルボーラーというのは怖い存在だと思う。
見逃せばストライク
振れば当たらない。
当たらないなら追い込まれてからは危険だと言うことになって
追い込まれる前に打とうとしてくる。
まさに思うつぼ(笑)

まぁ、どんどんストライクを取るのはかなり難しいことなんだけどね。
マッスルボーラー
ただいま試合から帰宅。

マッスル1イニング投球どうなることかと思ったら
最初は良い感じだった。
しかし先頭打者をピッチャーフライに打ち取ったかと思ったその瞬間、マッスルの腰は引けボールは空しくグラブすらかすらずにヒット。

そこから乱れ狂う(笑)

押し出しやワイルドピッチで一挙4失点。
いやぁ~良い経験をしたのぉ~(笑)


で、僕の方はと言うと
「ナックルが投げられない」コレに尽きる。
ストライクゾーンには良い感じで向かっていってたのだが
ボールが回転してしまい変化無し!
最初から調子が良いとそのままいけるのだが
最初から調子が悪いと無駄にもがいて最後までダメな状態が続く。

やはり普段練習している距離が短いのが原因かなぁ~
1mちょっと長くなっただけで非常に投げづらさを感じる。
それとナイターなので自分のボールがよく見えない。
修正しようにも何がどうなってるのか分からないし…

まぁ、自分もマッスルもそうだけどいろいろと経験しておいた方が良いな。うんうん。

ちなみに明日も試合。助っ人参戦だけど。
2試合あってピッチャーがいないという。
2試合目に投げてくれると助かるんだけど~
と言われていたので後半遅い球を多投したが
やっぱり明日は肩が重いだろうな…(笑)
ちたたさんの握り


連絡を取ると早速握りの画像を送ってくれました。
ありがとうございます。
「腕を振って押すだけです」とのコメントもいただきました。
写真を見て僕が一番思うのは
「指が長くてうらやましい」
いいなぁ~


まだ僕はあの頃おかしな握りでナックルを投げてた。
いやまだナックルなんて呼べたものではなかったかな。

自分では無回転が投げられることに驚き、感動しながら練習していた時にちたたさんと会ってキャッチボールをしたのだが、その時の衝撃はすさまじかった。

ゆらゆら揺れるとかそんなレベルじゃなかった。
ボールがうなりを上げて飛んでくる。
いつどのように変化するのか分からない。
変化してから反応したのでは間に合わない。
ボールが捕れない!飛んでくるボールが怖い!
すげーーーーーーーー!!!

上には上がいるものだと改めて思った。


ちたたさんブログが無くなってしまったけど
またいつか復活すると思って待ってますよー


明日は試合。
正式な球場での試合だから気持ちが良いね~
停滞期かな
ここ最近は特に進展も無し
調子はよくもないし悪くもない。
どちらかというと悪い方かな。

少し見失ってる感じだろうか。
それと今日は食欲が無く、昼ご飯が食べられなかった。
15時くらいになるとかなりお腹が減ってきたけど(笑)

そのせいで仕事が終わってからの練習も力が入らずすぐに疲れてしまう。
こんな日もあるかな~
早く寝てたっぷり休息をとらねば。

しかしまだ週間天気予報では日曜は雨になってる。
助っ人に行くことになってるが試合は出来るのだろうか。
土曜のナイターは出来そうだけど。

そうそう、今度の土曜のナイターの試合でマッスルが1イニング投げることになった。
ピッチャーの心理も分かるための経験ということで。


空気清浄機を買って1週間
花粉除去モードで24時間運転中。
しかしこれといって効果を感じ取れない(笑)



ウェイクフィールドの配球
暇だったので昔録画していたウェイクフィールドの配球のデータを取ろうとした。
要するに広島のフェルナンデスとの比較だね。

○=ナックルのストライクまたは空振り
●=ナックルでボール
×=ナックル以外(今回はストレートだけだったけど)

1回
○●○●○○○●○●●●●○○○
2回
●×●○×○○○○○●○●○
3回
●×●×○××○○○○●○○●×
4回
○●○●●○○○○●○●○○●●●●○
5回
×●×○●○○○○○○○●○●○○
6回
○●○○○○○●○
7回
○●●×○●○●××●●●×××

7回で降板した内容だった。
投球数107球
ナックル92球 ナックル率85.9%

ナックルストライク率64.7%


これを見ても分かるようにナックルの比率が非常に高い。
最終回はナックルがストライクに入らずストレートに頼ってしまった様子

広島のフェルナンデスは今のところナックル率は60%位だと思う。
ストライク率は40%くらいかな

このあたりに一流と、超一流の差が出るのだろう
阪神の渡辺亮投手などは三流以下
素人はそれすら手に届かないという感じだろうね。

とりあえずは70%以上ナックルを投げないと。
プロで活躍するなら85%以上かな
そのくらいナックルを投げても四死球で崩れないコントロールが必要なのは言うまでもないか。


今日の練習でまた再認識したことがある。
ナックルに握力は必要ないというのは全くいらないと言うのではなく
ボールが手の中で絶対にぶれてはいけないという程度は必要。
ギュッと握りしめる必要はなく、しっかりフィットする感覚だね。
親指と小指で挟んでいるのだが、ここの力が不足していてボールがぶれていたようだ。
二本指でボールを押そうにも、ボール自体がぶれてしまい、重心を押せずにボールが回転してしまっていた。
まぁそれもホントに微妙なところなんだけど。


それとボールを半分色を塗って今日はジャイロボールの練習もしてみた。
どうすれば回転軸が真っ直ぐになるのか?
どうリリースすればそうなるのか?
ナックルを投げようとする上でボールに対する回転の与え方というのがすごく分かるようになってきた
じゃぁジャイロボールも投げられるのでは?と思って(笑)

結論。
投げられるが球速が90キロほどしか出ない
ちゃんとした方法じゃないだろうけど、回転軸が真っ直ぐで、半分塗ったボールの片方の色だけがこちら側に見えるようなボールは投げられる。
イメージはアメフトのボールを投げるような感じ。

多分だけど130キロ以上でないとこのボール意味無いのでは?(笑)


だからもし使うならフォーシームジャイロではなくツーシームジャイロか。
空気抵抗のせいでボールが余計に沈むからチェンジUPとして使えるのかもしれないが、そこまでして使うボールじゃないなこれは。
当然変化もしないから(笑)



やっぱり天気には勝てない?
今日は仕事が終わってからマッスルとキャッチボールをした
雨がほんの少し降っていたかな。
地面は乾き気味でまだ少し濡れているという感じ。

湿度が高いとナックルが投げられないという欠点を克服する良い機会。

ここのところ調子は良いのでこのくらいなら問題なく投げられるはず!
と思って望んだものの、やっぱりダメ。
指に引っかかりすぎるのかな。
投げられない時はあわてず騒がずただこの時期を通り過ごすのみで良いんだけど、やっぱり「投げられなくなったかも?」という焦りが生じてしまう。

おかしいな。どこがいけないんだろう?
指?爪?腕の振り?リリース?歩幅?
試さなくても良いのに、いろいろと試してしまう。
そしておかしな投げ方になったりして余計に投げられなくなるというパターン。

明日は晴れの予報なので今日のことは忘れてまた新たな気持ちで練習しなくては。


今週の土曜日にナイターの試合が入ってる。
それまでになんとか投げられるようになってればいい。
焦るな焦るな(笑)


一生の記念
今日は久々の休日
児島というところで開催される瀬戸大橋祭りに行ってきた。

児島は繊維の町なのでジーンズとか服とかそういうものがたくさん売っていた。
子供らはおもちゃにしか興味がなかったようだが…(笑)

その中でも児島競艇場で開催されるイベント
ミニクルージング。
これは競艇選手が転覆した時に救助に向かう船でコースを2周するというもの。

実際のレース用の船は時速80キロでるのに対しこれは60キロ。
家族4人で乗り込んでコースを回った。
いつもは外から眺めるだけの水面を実際に走るというのは感動した。
ものすごいスピード感と、旋回時の横Gが何とも言えない!
あぁ~これが競艇選手の目線なのかぁ~と思いにふけった。

子供の頃よく親父に競艇場まで連れて行ってもらった記憶があるので
競艇というのはすごく身近に感じる。
さらに同じ高校時代の野球部だった1人が競艇選手になったのだ。
平賀圭選手
選手の試験を受けるなど知らなかった。
もし知っていれば一緒に受けていたかもしれないのに(笑)
まぁ体重オーバーだろうけど…
試験資格はたしか55キロ以下だったようにおもう。

またさらに従兄弟も競艇選手なのだ!
この日レースイベントに来ているらしいので会えるかも?と密かに思っていた。

ミニクルージングの時少し見かけて声をかけることができた。

そして本日の目玉。
ペアボート!
従兄弟が操縦する可能性が非常に高いというので1時間も並んで整理券をゲット!(笑)

これは時速70キロでる。
目線も低く、旋回も実際のレースに近い。
これは楽しみだ!!!

説明を受け、カポックとヘルメットを装着。
そして係員に言った。
「選手を指名させてください!!」と(笑)

そして従兄弟が操縦する船に乗ることが出来た。
ものすごい迫力!
普通は少し速度を落として回るのに全速ターンだよ!!
振り落とされないように必死に取っ手を掴んでいた。
そして今は筋肉痛(笑)

小さな波でも速度が出るとものすごい固い上を走っているようにバンバン船が跳ねる。

余りに感動しすぎて
走りながら半泣きになったよ(笑)
最後にポラロイドカメラで記念撮影!
20070415a.jpg


本当に良い記念になった。
祭りは毎年2回あるが、ペアボートで従兄弟と乗るのはもう無いかもしれないからねー。
開き
新しく買ったプラボールの調子がすこぶる良い!
ゴムの回転体にあまり焼き付かなくなったし、ボールも割れない。


さて、今日は少し多めにナックルを投げた。
どうもここのところしっくり来ない状態が続く。
投げられたり投げられなかったりする感じだ。

そこでもっと安定感を出すためにはどうすれば?といろいろ考える。
ナックルを投げる=ボールの回転をゼロに近づける
と言う行程にはかなり多くのチェック項目がある。
調子が悪くなるとそのチェック項目1つ1つに目を向け確認する。
新しい感覚を得るとチェック項目が増えたり減ったりする

そして今日昔よかった感覚の一つ
身体を開き気味に投げると言うのを試してみた。
踏み出す足(左足)をホンの気持ち左側へ出す。
靴の幅半分ほど。
これだけでも身体が窮屈にならずに投げることが出来る。

今日はこの感覚との組み合わせが良かったように思う。


そして最後に球速をもう一度測定することにした。
先日修理に出したスピードガンが帰ってきたばったりだしね。

ナックルは87キロ
ストレートは121キロ
ストレートは最速タイ。
でもナックルは84キロくらいまで球速を上げていくとさすがに回転するね…
まだ実力的には70キロ台じゃないと無理みたいだ。


20070413e.jpg

輪ゴムでくくりだしたぞ!!!?


うなじ
パソコンを使った仕事があって、更新する時間が取れなかったので
今回は軽く写真だけの更新

20070413b.jpg

ホームセンターで適当に買ってきたゴム素材のやつ。
角があるので消しゴムの要領で擦る!

20070413a.jpg

そしたら焼け付いたプラスチックが削れていく。
アカスリみたいな感じかな。
でも結構力がいるんだよねこれ。

20070413c.jpg

ボールも新たに6ダース来た!
これでバッティング練習をアホほど出来るっていうもんだ!


20070413d.jpg

ハマオのうなじ。
どこまで後ろ髪を伸ばすつもりなのだろう…(笑)

みんな切った方がイイって言ってるのになぁ~
ライトフライトマシン
20070411a.jpg

ゴムの回転体が高速回転をしてボールをはじき出す。
これはゴムの面を掃除した後。
これで1時間くらい使ってるとゴムとボールが擦れてボールのプラスチックが溶けてゴムにくっついてくる。

20070411c.jpg

こんな感じ。
まだこのくらいなら何とか使えるがもっとくっついてくるとボールが上手く飛び出さなくなる。
回転体の表面は摩擦力の大きいゴムなのだが、プラスチックが付くことによって摩擦力が減ってくる。

20070411b.jpg

これが表面の拡大写真
メーカーにこの処理の問題を問い合わせたところ
先の尖ったペンチでむしってくださいとのこと。
でもそんな事したら全部とるのに3日くらいかかるよ?(笑)
すげー取りづらいし。

まぁ、自分なりの掃除方法を見つけて、それが良い感じだったからペンチを使わなくても済む♪



20070411d.jpg

今日はカウントを1-1からという想定で
ギリギリのストライクとか厳しいコースは見送って、追い込まれたら振っていくというより実戦に近い練習をした。
ボールも良い感じで散らばるのでこういう練習には向いてるね。


今日は少しいつもより多めにナックルを投げた。
昨日の感覚を試してみるように。
うーん。良い感じだ。
まだ慣れてないけどこれは先に繋がる予感。
「握力を一番使わないようにリリースしろ!」って自分に言い聞かせてリリースすると変なところに力が入らなくて良い感じだ。
力むとろくな事にならないんだよなぁ~

朝早く起きて
立て続けに更新~

鼻が詰まってなかなか熟睡できず、早く目が覚めてしまった。
こんな時はぼけーっとTVを見てるだけなのだが…

コメントをたくさんいただいているので
その返事を書こうと思う


3104さん
超スピードカメラすごかったですよね!
どの打者の時なのかは忘れてしまいましたが、バットの先端部分に当たった時、バットがグニャグニャに揺れてたのが衝撃的でした。
手がしびれてるんだろうな…とも思いましたが(笑)

shuさん
練習頑張ってください!
無回転になると変化するとあるので、その変化を楽しみ、もっと投げたい!と言う気持ちで頑張れば上達も早いと思います。


YO-さん
見てないんですよ~
次回はちゃんとチェックしてみてみようと思います!
ナックル試合で実際に投げておられるんですね。
とりあえずはコントロールを安定させて、そこから無回転率を上げていくのも1つの方法だと思いますので頑張ってください!


しんさん
フェルナンデスはちょっと中途半端な投球内容ですね~
もっとナックルを多投して欲しいです。
それよりもTV中継があって投げているところを見てみたいですよね。
その方が参考になったりしてこちら側も勉強になりますしね。


yanmarさん
普段からのフェルナンデスの発言にはユーモアが含まれているので面白いです。陽気な外人というイメージがすでに僕の中では付いています(笑)
ただのネタ外人で終わって欲しくないのでこれからの活躍に期待です!


YO-さん
僕もあまり詳しくないのでよく分かりませんが、まだ二軍でしょうね。
ナックルしかもう自分が生き残る道はないと覚悟すれば先が開けるかもしれませんね。
試合で投げていて、ナックルが打たれてしまったり、四球を出してしまったりするとチーム内から「何でそんなボールを投げるんだ?」とか「どうしてそこまでナックルにこだわるんだ?」とか「普通の投球にしたほうがいいんじゃないか?」という声はあがってきませんか?
まぁこれもナックルボーラーのもう一つの壁と思っていますが…
ナックルを投げられる環境というのも意外に大切だと思います。
次の試合80%が目標ですか!?すごいですね!頑張ってください!!
円運動
日曜の不調から続く妙な感触。
これはあまりよく無いような感覚だ。

ナックルを投げるということはボールに回転をかけないと言うことだから、いかにしてボールをそのまま押し出すかということになる。
まぁ押し出すというニュアンスがあってるのかどうかは人それぞれだけど。

ボールの中心を二本指で押す。
これが出来ればボールは無回転で簡単に投げられる。
ビリヤードみたいに真っ直ぐボールを突けばいい。
しかし実際は腕は円運動をしているので直線的にはボールを突くことは出来ない。

にもかかわらず直線的に押す押そうとするからぎこちなくなったり、球速が出なかったりする。
円運動をしつつボールの重心を突くと言うことが重要になる。

不調になると必ず見る
ウェイクフィールドの映像。
今回も何度も何度も見ていたら1つのことに気が付いた。


20070325a.jpg

ずっとこういう感じでボールの重心を地面に対して平行に突くように心がけていた。
しかしウェイクフィールドは地面に対して平行ではなく、やや下向きだった。

球速が上がってくると平行では投げられなくなる。
ゆっくりなボールだと無回転で投げられても速いボールになると投げ出し角度が変わってくるのでボールを突く角度も調整しなくてはいけない。

そこでやや上から押さえつけるような感じで投げてみた。
するとこれがすごく良かった!
今までのが嘘のように無回転でまくりの変化しまくり!
まぁ、変化と言っても小さくキレ良く変化する感じ。

さらにリリースの位置を意識してみた。
自分に近づけた方が良いのか?自分から遠ざける方が良いのか?
これは遠ざける方が自然だし球速も出る。
もちろん無回転にもなる。

うーん。
ここに来てまた新しい感覚が得られるとは。
まだまだナックルは奥が深い!!!


フェルナンデスの話。
ストレートが多くなるのは、ナックルを投げられなくなった時。
ナックルで目の前にいるバッターに対して勝負できないと感じた時にストレートを投げる。
ナックルボーラーがナックルで勝負できないと言うのは、もうなんにも役に立たない。
プロで活躍するならストレート率は5%以下にしないと。
そのくらいナックルで勝負できないとなるとストレートをねらい打ちされる。
110キロクラスのストレートなどフリーバッティング状態だろうし。

ストレートを要求しているのはキャッチャーなのか、ピッチャーなのは分からないけど、このままだと100%フェルナンデスは通用しない。
フェルナンデスが復活する時はストレート率が下がった時だろうね。


フェルナンデスとウェイクフィールドを見比べるとやっぱり全然違うね。
ナックルの安定率が全然違うし、自分のナックルに対する自信というか信頼度も違う。
変化の仕方が違うとかそんな話じゃない。
もうどんなことがあろうがど真ん中目がけて自分のナックルを投げ込むのみという感じかな。

その点阪神の渡辺亮投手は話にならん。
今はどうか分からないが、中途半端な気持ちで通用するほどナックルもプロ野球も甘くないね。

ナックルが投げられれば即プロで活躍
というような素人が抱きやすい夢。
別に悪いことではないがナックルの現実を知れば、試合でナックルを投げるだけでもとんでもない努力が必要で、さらにその上を目指すとなるともう気が遠くなると思う(笑)

という僕も試合でナックル一本で勝負できるように練習をしていかねば!


今日の一言
マッスルが今度の市議会議員選挙の手伝いをするようだ。
しかも選挙カーに乗るらしい!!
緊張しすぎて自分の名前を言わないようにな(笑)

久々のブルペン
昨日の日曜日助っ人に行った。
そのグランドに新たにきれいに整備されたブルペンがあった。
「おー!これは早速!」とナックルの練習を始めるも、上手く投げられず。

まぁ久々にこの距離だったからかな?と深く考えないことに。
時折無回転で投げられるが、どうしてその時だけ無回転なのかが分からず…
もっともっと投げていたかったが、試合が始まると言うことで投球練習は50球ほどで終了。

そして試合開始。
2番でサードを守った。
初回からイヤな予感。このパターンは…

そして結果は40-0で勝ち。
初回に26点を取るなどもう無茶苦茶。
ピッチャーのストライクが入らないのとゴロがアウトにならずフライも捕れない。

異常に疲れた試合だった。
打てば塁に出て走る走る!
ほっと一息ついたらまた次の打席。


試合内容は特に書くこともないが、ナックルが思いの外投げられなかったのがショックだったなぁ~
やっぱり練習不足は否めないね。

さっきテレビ見てたら小倉優子が加圧トレをしているらしい。
大丈夫なのか?彼女にあの辛いトレが耐えられるのか?(笑)
10分でOKと言っても普通のトレが10分間に凝縮されてるからその10分間は本当に地獄だぞ!?
以前うちの嫁さんにも腕の加圧をしてやったことがあるが、10分持たず、その間ギャーギャー騒いで涙流して苦しんでたぞ(笑)


今日でほぼバッティングゲージが完成した。
後は注文した部品が届くのを待つだけだが、その部品は少しなのであまり影響はないし。

制作風景でもデジカメで撮ろうとしてたんだけど
デジカメを忘れてるのと、作り出したらそれに集中してしまって撮影どころではない。


あ、そうそう広島のフェルナンデス大炎上したらしい。
Yahoo!の実況のところで配球をみた。
まず感想は「ストレートが多すぎる」
ウェイクフィールドもそうだが、ナックルボーラーがストレートを多用することは「死」を意味する。
まぁウェイクフィールドのストレートの割合は非常に低い。
この低さが一流の証。

詳しい話は後ほど。


プロ野球中継にて
NHKの阪神対巨人の試合を見ていたら
「超ハイスピードカメラ」という映像をみた。
なんでも1秒間に1000コマ撮るという。
こりゃすげー!

是非ともこのカメラでフェルナンデスのナックルボールを映して欲しい!
そして巨人の前田のナックルも映して欲しい。
いかに前田のナックルがナックルではないのかをみんなに分かってもらうためにね(笑)


そういえばこのブログを始めた時には深く考えてなかった問題。
相互リンクをはると言うことも想定してなかったし
他の人のブログにコメントを書くということも想定外(笑)
そこで問題が浮上してきた。
僕のハンドルネームというものがない事に(笑)

コメントを書いてくれた人には
ここのブログ内では「管理人」としているが
他のブログにコメントを残そうとした場合どうすればいいのか?(笑)

どうしようかな。
なにかいいのがあればいいのだが。
それにしても今さら感が残るし。うーむ困った


今日も少しながらナックルの練習。
まぁ練習というか感覚を掴むための確認。
指先が勝手にボールを押し出してくれる感覚というのがいい!
しばらく練習してなかったせいで多少の出遅れ感はあったものの
今日で何とか取り戻せたような気がする。

明日は助っ人の試合。
ペータが所属しているチームの私設リーグ戦。
投げる機会はないと思うが、ここのところ調子の良いバッティングに期待!
ボールがよく見える!ふふふ

それとマッスルのバッティング練習の成果を出すのか?と言うのも気になる。
練習だとものすごいスイングと打球!
もうホームランを30本以上打ちそうな勢いなのだが(笑)

ちなみに昨日張り切ってトレーニングしたら今日は一気に筋肉痛!
痛くてうごけねー!


今日の一言
嫁さんはたまに炊き込みご飯を作る。
しかし水が多くてベチャベチャとか米の芯が残って固いとか
何かと失敗することが多い(笑)
しかし今日は抜群の出来だった。そのせいで食べ過ぎた…くるしい…

自然にリリース
今日も鎖骨あたりの奥深くの筋肉が痛い。
何でこんなところが?
と思っていたんだけど今日何となく分かった。

バッティング練習でバットを振った時なんか痛かった。
ボールを投げる時は全くではないがあまり痛くない。
でもバットを振ると違和感がある。
多分素振りもろくにせずにいきなり試合でフルスイングをしてしまったからだろう。


そして今日もナックルの練習
前から気になっていた感覚なんだけど
この感覚を生かしてみたり、無視してみたり。
良かったり悪かったりするんだけど、とりあえず書き留めておこうと思って。

20070405a.jpg20070405b.jpg

この赤い部分を意識してキャッチャーに向ける。
手首を起こして昨日言った平行部分と同じようにここも平行に
指先で投げるのではなくて、この部分を意識して先導する感じ。
後は力まずに自然にリリースすればいい。
勝手に指先にボールが乗っかって、そのまま二本指からボールが離れていくような。
指先でどうにかしようとか思わない方が良いみたい。



バッティング練習の方は
ハマオは良い感じでバットに当てている。軽打と言う感じでセンター返し中心。
マッスルは清原を彷彿とさせるパワー打法。
超切腹打法はここのところ影を潜めているが、試合になったら一気に目を覚ましたりするのでまだまだ要注意(笑)

しかし2人とも確実にレベルアップしているようだ。

ボールは今

これを使っている。3ダース買ったのだが割れたり紛失したり屋根の上に乗っかったりしてすでに12個無くなった(笑)

以前に購入していたのは

このタイプ

大きさは同じで、同じように使えるのだが、黄色い方は純正。
で、黄色い方が固い。
固いせいなのか黄色のボールは良く割れる。
と言うことで今回は白いボールを購入することにした。


今日の一言
広島のフェルナンデスはいつ登板するのだろう??

肩のハリ取れず
日曜日ハッスルしすぎたのかかだ肩のハリが取れない。
昨日までは投げることすら困難だったが、今日は何とか投げることが出来た。

ここのところナックルの練習よりもバッティングゲージばかりいじってる。
今日も昼休みはご飯も食べずにゲージのネットを作り直したりしてた(笑)

これも若い二人に試合でヒットを打ってもらいたいという気持ちから
部品が足りずにまだ完成とまでは行かないが、それでも2人は仕事が終わってから打ちまくってた。

その横ですこしナックルの練習。
なんかよく分からないけどイマイチだったな(笑)
もっともっと練習を積み重ねていかないといけないね
ほんの少し投げない時期があったからと言ってすぐ投げられなくなるようでは練習不足以外のなにものでもない。

それでもここ最近思ってるのは、二本指の使い方。
ボールを指先で押すのだが、指のどの部分で押すのか?ということ。
本当の先端だと爪が当たって不安定になる。
ホンの気持ち爪を寝かせるような位置が良いようだ。

あとは小指の向き。
二本指と平行になるようにするといいみたい
20070404.jpg
携帯のカメラしかなかったので見づらいかもしれないけど
こんな感じの平行

明日はもっとハリが取れて肩も良い状態になってると思う。
ただ腕立て伏せをしたら鎖骨のあたりが痛い。
肩胛骨あたりも少し痛い。
この痛みも無くなればいいなぁ~


今日の一言
嫁さんの実家から送ってきた八幡屋の七味ごま。
ふりかけなのだがものすごく辛い!
辛すぎてご飯が食べられない(笑)

マシンの効果か?
そういえば試合前にマッスルとハマオがマシンでカーブを打つ練習をした。
ギリギリまで引きつけて、外角へ逃げるカーブを引っかけずにライト方向へ打つ練習だ。

その成果なのか?
マッスルが今まで見たこともないようなバッティングをした。

まさに練習通りのカーブをライトへ打ったのだ。
よしよし!効果は出ているようだ!


今日は仕事が終わってからの時間にマサオさんの息子とうちの子供2人が一緒に遊んでいたので練習は無し。
そのうち子供らにもマシンを使った練習をせねば(笑)


それからバッティングゲージの新しい部品を買いにホームセンターへ向かった。
今まで行ったことがない方面のホームセンター。
近場はもう買い尽くしているので部品がない(笑)


そして決定的瞬間に偶然に出会えたのだ!!!


夕日のきれいな瀬戸内海を横目に車を走らせていたら
対向車に妙な軽自動車が見えた。
ありゃ?あれはなんだ?
屋根に何か乗ってるぞ??

ソーラーカーみたいだな~(笑)


ん?ん?ん?ん???

そしてその車の後ろにはジープみたいなオープンカーが追跡
カメラマンらしき人が座ってるのが見えた!!


おー!これはあの鉄腕ダッシュの
ソーラーカー日本一周の旅の企画のやつじゃないか!!!

そしてとっさにソーラーカーに目を戻す
誰が乗ってるんだ!?と目をこらしてみたんだけど
助手席に山口達也が乗っていたような…

あまりにも一瞬な出来事だったけど、嬉しかったなぁ~

いやぁ~運が良い!イヤなことの後にはこんな良いことがあるのか?(笑)
んで引き返して追いかけようかとも一瞬考えましたけど、片側一車線の狭い道だったのでそのまま通過しました。

その後車を止めて身内やマッスルやハマオにメールを送信!

みんな誰が乗っていたのかを聞いてきた(笑)


さて明日もゲージいじりと行きますかな。
ここのところゲージをいろいろいじったりどこをどうすれば良いのかとかそんなことばかり考えてる(笑)


今日の一言
花粉症で鼻水が朝止まらなくなった
そこで鼻炎の薬を飲んだら鼻の奥が乾いて乾いて…
のども渇いてなんだかずっとお茶を飲んでた。
何も見ずに2錠飲んだんだけど、1錠で良かったのかも

未だ立ち直れず
今日の朝起きた時はそうでもなかったが
職場に着いてからは当然のように野球の話になるわけだが…
何度も何度もあの判定の時を思い出してしまう。

悔しすぎるよ!
もうあの塁審が憎い!

そして試合後に主審の人と話す機会があった。
その主審は以前ナイターの試合で訳の分からない判定でボークを宣告してきた主審の人だった。

審判「残念だったな」
自分「悔しいです」
審判「君に回ってきたのが2アウトばかりでツイてなかったなぁ」
自分「え、えぇ…」
審判「(相手ピッチャーの)ボークをとろうかなぁ~どうかなぁ~と思ってたんだよね」
自分「・・・・・。」
審判「今回は残念だったけど私らには未来がないけど君らにはあるでしょ」
自分「・・・・。」


どうなっとんじゃ!!



塁審のミスジャッジを認めてるなら
そういう時にボークを取って差し引きゼロにせんかい!
それでもまだ納得は出来ないけどな。

こっちはセーフをアウトと言われ
向こうはボークをボークと言われない。

くそー!なんと言うことだ!



正式審判員が塁審をしていない時に限り
明らかなミスジャッジは監督かキャプテンの抗議により
塁審のミステイクという措置がとれる形にしてもらいたい

今回チームメイトは本当に一生懸命頑張った
誰一人気を抜くことなく全力プレイだった。
持てる力は出した。
その結果があまりにもひどいという事に嘆いている。

試合終了後、次の試合の審判を1人出すことになっているのでハマオが3塁の塁審をした。
その試合は誤審をした人がいるチームの試合。

ゴロを打ってもファーストまで全力で走らない
フライを打ち上げればそのままベンチへ帰るような
なんともだらけた試合。

見てるだけで腹が立つ。
悔しさが倍増した。
しかしどうしようもないこの現状にただただ呆然とするばかり



ちなみにこの試合ではナックルをほとんど投げなかった。
この緊迫した試合の中で不安定なナックルは非常に使いづらかった。
数球投げてみたが回転がかかっていた。
やはり突然投げると無回転にはならないようだ。

市長杯1回戦
今日は13時から試合。
前日の雨でグランド状態があまりよくないのと、試合時間がおして50分遅れで試合開始。

今シーズン初の公式戦と言うこともあり、試合前からかなりの緊張モード。
ちょっとやばいんじゃないか?と言うくらいドキドキしていた。

先行で始まった1回。
2番で回ってきた打席にはいると、今までの緊張が嘘のように無くなり、すごく冷静にピッチャーのボールが見えた。

相手のピッチャーは好投手というのを知っていたので、いったいどんな球を投げるのか気にはなっていたが、球筋を見て
「お~。意外に打ちやすそうだ!」と好感触。
初球がものすごく甘いコースに決まったが、ここはじっと我慢で球筋を見極めた。
しかし結果的に打ちそこなってファーストフライ(笑)

そして守備
先頭打者をまさかの四球。
イヤな感じだな…と思ってたら盗塁。
マッスルがセカンドに素早く送球!しかしこれがものすごい大暴投!(笑)
いきなりノーアウト3塁のピンチに。
2番バッターがサードゴロを打つもサードエラー
その間に1点入り早くも先制点をとられる。

そしてそれが決勝点となって0-1で負けてしまった。


幾度とあったこちらのチャンスも後1本が出ず完封負け
ノーアウト満塁というチャンスに
税理士が見送り三振
マッスルがセカンドゴロゲッツー

しかしこの時明らかにマッスルの足の方が早かった
にもかかわらず審判はアウトの宣告
これには正直腹が立った。
正式な審判員ではなく、朝試合をした各チームから塁審を出すシステム

その場にいたファースト塁審意外の全員がセーフと判断
チェンジの途中正式審判員の主審が1塁塁審を呼び注意していた。
そして交代させられていた。

たらればを言ってもどうしようもないがあのミスジャッジが無ければ…


ピッチングの内容は
1回の先頭打者に四球、2番打者にサードエラーの2人を塁に出すだけで後の打者はすべてアウト

自分0000000
相手100000X

2回から6回まですべて三者凡退。
つまりノーヒットに抑えたが負けてしまった。
最初の四球がなければ完全試合となっていたかもしれない?

打つ方は
ファーストフライ
右中間3塁打
ショートゴロ

久々に悔しい思いをした試合だった。
最初の四球さえなければ…
あのジャッジがセーフになっていれば…

試合終了後しばし呆然となってしまった。
絶対勝たなくてはいけない公式戦だったのに
あぁ~悔しい。悔しい。悔しい。悔しい

早く気持ちを切り替えなくては…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。