揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ちにくい球を投げろ
甲子園盛り上がってます。
僕自身も甲子園を目指して日々頑張ってましたが
甲子園そのものよりも自分がレギュラーで出続けようとする方に力が入っていたので正直甲子園なんてどうでもよかった(笑)
チームメイトは当然甲子園甲子園と言ってましたが、何故そこまで甲子園に執着しているのか理解できなかった。
まぁ、決勝まで進んで、あとつ勝ったら甲子園!?と言うところまで来ると意識は当然するでしょうが(笑)

さて、どうでもいい話はおいといて
試合の内容というか解説者の気になった言葉を1つ
大阪桐蔭の中田選手がピッチャーをしていた時の解説者

中田投手が投げるボールがシュートしていた事に対し
「シュートしてるでしょ。これが真っ直ぐ来るようになるといいんですよ」
みたいなことを言っていた。
確かにシュートの変化をしていた。
が、しかし何故シュートしたらいけないのか?
真っ直ぐ来るボールがいいのか?
と言うことに対しての解説はなかった。

バッターから見てシュートしてくるボールと真っ直ぐ来るボールとどっちが打ちにくいのか?
まして真っ直ぐ来たりシュートが来たりどっちが来るか分からないストレートと真っ直ぐだけのストレート。

日本人はきれいな投球フォームやきれいな球筋を美徳とする傾向が強い。
藤川球児くらいのバックスピンが強くかかったストレートで伸びるような錯覚を与えるようなボールはそれはそれでいい武器だけどね。

ピッチャーは速いボールを投げるのが目的じゃない
きれいなフォームで投げるのが目的じゃない

バッターに打たせないようにするのが目的だ。


いかに打ちにくい球を投げるか
いかにバッターのタイミングを狂わせることができるか

だからこそ上に書いたことを認識した上でナックルを投げようとしている高校生などがいたら
それは監督や先生などはその生徒を大事に育ててあげる必要がある

「ナックル?お前はアホか」という先生は世の中にごまんといるのが現状だ。

ナックルを投げる前にちゃんとしたストレートを投げろだとか、カーブを投げろだとか言うが、現実はちゃんとしたストレートとカーブを投げる投げ方が身に付いてしまってはナックルを投げる上で邪魔になるのだ。
最初からナックルを投げる投げ方に特化していった方がいい。

要するにナックルボーラーを目指す人にとって
上の先生の発言には
「ナックルを投げにくい体を作ってからナックルを投げろ」と言ってるようなもの。
全くナックルを分かってない人の発言にすぎないのだ。


ナックルが市民権を得るのはまだまだ先なのだろうか…

小さな努力だが僕はこのブログでナックルについてこれからも書いていこうと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。