揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまったコメント
今必死に作っています。
今日も昼ご飯を食べずに制作に取りかかっておりました。
1つのことに集中してしまうと周りが見えなくなってしまいます(笑)

『しんさん』
さて、甲子園。
火曜日の第一試合を偶然にも少しだけ見ました。
赤羽投手変化球が低めに決まってましたね~
しかしナックルを投げる事はありませんでした。
どんなナックルを投げるのか期待をしていたのですが、残念です…


『liebeさん』
ナックルの変派を操れると言うことなのか?というとまたちょっと違うような気もします。
より変化をしやすくなるような握りというのはあると思いますが、変化そのものを操れるというレベルではないです。
どう変化するのかとかは全く分からないですし。
ただ変化量を増やすようなことは出来ると思います。


『しんさん』
ウイニングショットで無回転を投げるというのはこれまた非常に困難です。多分それを聞いた時点で彼のナックルは回転のかかった、縦に落ちるナックルだと思ったでしょう。
それと赤羽投手という情報だけでも十分でした。ありがとうございました。


『こばやしさん』
進学おめでとうございます。
大学生活ですか~いいですね~
人生で最も楽しい時期だと思います。思う存分学生生活を満喫してください!しないで後悔するよりもして後悔するんだ!と言う気持ちで僕はいけば良かったと今さら思ってます(笑) 思う完全に遅いですが…

大学に行ってもナックルボールを投げ貫くと言う強い気持ちで!
リンク了解しました。


『liebeさん』
ナックルの球速。
これはナックルを投げようと練習している人にとっての1つの壁だと思います。
最初はとにかく無回転にするためだけに集中して投げていきます。
多少投げ方とか身体の使い方がぎこちなくても無回転になればとりあえずOKという感じです。
それから無回転特有の変化を求めるようになります。
それには球速が必要なのですが、球速を上げようとするといろんな障害が出てきます。
間違った投げ方をしていると爪などを痛めてしまいます。
少し速度を上げようと腕をほんの少し速く振っただけでボールは回転してしまいます。

方法としては2つあって
無回転を維持しつつ球速を上げるという方法と
とりあえずナックルの握りで球速だけを上げる。
ボールの回転は無視して、とにかくあの特有の握りで球速を出す練習。
それからだんだんと回転を少なくしていく方法。
この2つの方法でずが、僕は後者の方を選択しました。


皆様本当にコメントありがとうございます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。