揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェルナンデス登板
今日はフェルナンデスが登板すると言うことでビデオに撮って見た。

まず感想は
意外に回転数が多い。
ストレートを投げそうだな。と言うところでストレートを本当に投げてる
この2点かな。

まぁ他にも挙げればきりがないけど

ストレートの決定はをキャッチャーが決めてるのか、それともフェルナンデスが決めてるのかが気になる。
このままの配球では日本では通用しないと思う。

ボールの回転も2回転強ほどしているように見えた
良い変化だなと思った時のスロー再生はなかったけど。
もう少し日本のボールに慣れて回転数を少なくすればナックル自体はいけると思う。
しかしコントロールがあまりよくない。
さらにナックルの軌道になれていないのか審判のジャッジも不安定だった。

このままではフェルナンデス対策は
「追い込まれるまで打つな」と言うことになりそうだ。
もっとコントロールが良くならないとプロでは通用しないだろうね。

同じナックルボーラーのウェイクフィールドと見比べてみて
コントロールの差が大きい。
それとナックルの比率もウェイクの方が高い。
それとストレート。
フェルナンデスはナックルが105キロくらいでストレートが110キロ(ツーシームのシュート系)
これじゃぁ緩急が付かないだろう。
ウェイクフィールドは130弱くらいは出てるからね。
フェルナンデスもまだ隠しているのかもしれないけど。

2回を投げて、最初の回はナックルボーラーの弱点がかいま見れたような気がする。後の回はナックルボーラーの良いところが出た。
でもまぁこれでナックルボーラーというものがどんなものかと世間に知れ渡るのは良いことだと思う。

でも解説者がまだまだダメだね(笑)
「ナックルと言えば巨人の前田投手も投げてますよね」
「ナックルばかり投げてると握力なくなっちゃうでしょ」
聞いてるこっちが恥ずかしくなる…


急いで書いたので今日はここまで。
もう一度ビデオを見直してまた気が付いたようなことがあれば書きたいと思います。
フェルナンデスには頑張ってもらいたい。


今日の一言
ハマオが自宅で自主トレ。
格闘技こそ男のロマンという彼が左のハイキックをした瞬間ハムストリングを軽く肉離れしたらしい(笑)
キックの相手はハンガーにつるした腹だった様子

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。