揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィールディングマックス
20070301c.jpg
ハマオが今期導入した新グローブ。
ビヨンド第二弾という
「弾かないグローブ」というのが売りのフィールディングマックスだ。


特徴はなんと言ってもポケット内部にある突起
20070301d.jpg20070301e.jpg

固いプラスティックのようななんかそんな素材。
ゴムとは高い摩擦によってボールが引っかかる。
いったんポケットに入ったボールは出てこないだろうね。
これは外野用だからいいものの、内野用はどうなるんだろう。
捕ってすぐに投げられないのでは?
グローブトスなんてものはまず無理だろうな…

今年からミズノのマークがデザイン変更になった。
ランバードのマークになったことでいろいろ賛否両論あるみたいだけど
ちょっとこれは…ねぇ~(笑)
まぁそのうち見慣れてくるのだろうけど。

多分子のフィールディングマックスも、今年デビューして使用感とかいろいろモニタリングされて次にはもっと良いものがでるような気がする。
そうなれば買いなのかもしれない。
ミット用がでれば良いのにね~ただでさえ弾きやすいんだから。

しかしこのグローブはみんな興味があるみたい。
その中でも笑ったのがマッスル。

おーおーおー
これがフィールディングマックスかぁ!
と手に取ったとたんイヤな感じがしたという(笑)


20070301a.jpg

この手が入るところが狭くないか?と。







そしてマッスルが手を入れようとした時、奇跡が起きた!!











20070301b.jpg20070301f.jpg


マッスルが使うことは100%無理だと言うこと(笑)
全くもって入る余地なし!


今日の一言
よく家族で回転寿司に行く。
子供らは回転寿司と聞くと目を輝かせ
「行く~行く~行く~!!」と大はしゃぎ

しかし子供らはすしを食べない(笑)
フライドポテトとかデザートとか枝豆とかみそ汁、茶碗蒸し…
そんなのばっかり…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。