揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真相やいかに…
コメントありがとうございます。

まずコメントに対する意見は僕個人の見解&推測でしかありませんので
そこの所はご理解ください。
本人に聞いてみるのが一番だとは思いますが、そういう機会は100%無いでしょうし(笑)

まずnokeさんの「手首をこねている」という事ですが
実際に投げてみて、それを見ることでよく分かるのですが、ウェイクフィールドの手首の使い方としては「別に何もしていない」と言うのが正解だと思います。
ナックルを投げる上で良く耳にする「手首を使わない」という表現がありますが、あれは間違いです。
手首を使わない=曲げないというのは投げる上で不可能ですし、仮にそれが出来たとしてもものすごい筋力が必要になってきます。
さらに毎回同じ条件で投げるのは非常に困難になり、ナックルボーラーとしては成功しないでしょう。
だからこそ「何もしない」という手首の使い方が理想です。
グッと後ろに反り返っているように見えますが、あれはボールが持っている慣性の法則がそうさせているだけです。
さらに僕も同様にボールの中心を押すということをウェイクはやっています。
二本指で真っ直ぐ押すには手首を反らさなければいけません。
ダーツを投げる時でも手首を反らして矢の先端を的に向ける事と同じですね。
手首を曲げないとダーツの先端は床を向いてしまいますから。

それと「完全な無回転にさせないため」とありますが
さすがにそれはないと思います。
毎回完全な無回転を目指して投げているものと思われます。
しかし機械ではなく人間ですから不確定要素が山のようにあります。
何球も投げることによる筋力の低下
ピンチやチャンスなどの精神的なこと
その日の調子や気温や天候なども影響されます。
ですから毎回ほぼ無回転の球が投げられているものだと思います。

と思っているうちに
YO-さんからのコメントで
ウェイクはどちらに曲げるかコントロールできるという発言をしていたというコメントが入ってきました。
これには正直驚きました。
僕が持ってるインタビューなどの動画では変化のコントロールは出来ないと言うものばかりで、とにかく真ん中かキャッチャーのミット目がけて投げるしかないといっています。
それとボールがどちらに曲がるかをコントロールできるのであれば
ミラベリの存在の意味があまり無くなって来ないか心配です。
彼みたいな専属キャッチャーがいなくても、変化のコントロールが出来れば変化の予想が出来、従来の正捕手でも捕れるような気も…

それと変化のコントロールをしようとすれば、ボールがどの回転軸で、どういう回転速度で投げればいいかまで計算しなければいけません。もちろん風向きも重要でしょう。

仮に真横に1回転させようとした場合、謝って1/2回転と回転数が足りなかったり3/2回転と回転オーバーになれば逆に曲がっていく可能性もあります。

ですから僕の考えでは変化のコントロールは不可能だと思います
インタビューで彼が言っていた
「ただ無回転になることだけに集中して投げる。それだけ」
といっているのが正直なところではないかと。

本当に変化のコントロールが出来るのであれば、回転数や、回転軸まで思いのまま。
もし、僕にそんな能力があるのであれば、曲がる方向をコントロールするのではなく、毎回「人間が最も打ちにくい変化をするボール」とひたすら投げ続けると思います。


さて事の真相はどうなんでしょうね~
非常に興味があります。
僕個人的には、ウェイクフィールドのインタビューで
「変化をコントロールできる!」と言い切ってる姿が見たいです。
練習すればそこまで可能なのか!!という奇跡の変化球になるわけですから。
もちろん投げられる投げられないは別として。
無いよりはあった方が良いと思う。雲の上のような目標がね。

ナックル。ものすごく奥が深いですね。
こういう討論ではないですけど、お互いの考えを話し合うというのはすごく好きです。


今日の一言
屋島水族館へ行った。
その途中ミステリーゾーンというのがあり、長い下り坂の途中上り坂に出くわす。
しかし実際はその道も下っているのだが、目の錯覚で上っているように見える。
車を止めて確かめた(笑)
「おーおー!上り坂なのに車が上ってるよ!!」ってなって大満足。

スポンサーサイト
ティム・ウェイクフィールド

これです。
死ぬほど参考にしてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。